酒と恋には酔って然るべき(3) (A.L.C.DX)

  • 秋田書店
3.67
  • (3)
  • (9)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 171
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253159920

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  読了。
     人が集まってくる伊達さん。それも男女関係なく。
    そりゃ彼女としては不安になるわ。しかも元カノが友達に戻るとか知らん。誘いが元カノからって正直に話すのはいいのか悪いのか。いや、黙ってろ。

     なんか酒の美味しい飲み方よりもそっちのが気になる巻だった。
    (210608)

  • 酒と恋には酔って然るべき(3) (A.L.C.DX)

    まぁ2人の年齢考えれば、伊達も松子も異性の知り合いも増えるわなあ。

    伊達はあの性格とスマートな所作、モテるだろうし、けど、松子だけに気持ちを向けるといってくれてる。
    迷う理由があるかなぁ?
    たしかに、あの良い意味での八方美人さ加減は不安になるか?(笑)で、乙女の気持ちは揺らぐのかなあ(笑)

    でも、今泉の何が良いんだ?あの美森でさえ、見切るくらいだからねぇ(笑)

    #酒と恋には酔って然るべき
    #酒と恋は酔って然るべき

    #漫画好きと繋がりたい

    #漫画倶楽部

    #漫画好き

    #漫画オタク

    #漫画

    #ブクオフ万歳

    #ブクオフ

    #ブクオフ中毒

    #ブックオフパトロールの成果

    #ブックオフパトロール

    #ブックオフ好き

    #ブックオフ

    #bookoff

  • 超優良物件に見える伊達を前に独占欲や焦りを見せる松子の姿はどこか生々しい。けれど、そういった感情を変にシリアスに描くのではなくコミカルに演出するものだからストレス無く笑いながら読んでいられるね
    また、迷走してお酒に逃げてしまいがちな松子に白石が鋭いツッコミを入れるものだから話が単調にならないのもいい感じ
    本当にこの作品において白石の存在は一種のバランサーになってますよ


    そもそも松子と付き合い出した筈の伊達に他の女の影が有るという点がまず問題では有ったし、松子の焦りをあんまり理解していない様子であったのは意外なマイナス点に見えていた。
    特にホワイトデーのプレゼントとして高級ディナーに誘うけど、その理由を食事の後半まで明かさなかったことで結果的に松子のテンションを急上昇&急降下させた辺りとかは「おや?」と思わずに居られなかった
    他にも松子と呑んでいる場所に他の女友達を呼んでしまう態度とか、あの今泉をあっさりサシ飲みに誘ってしまうとか……

    だから超優良物件伊達の問題点はそういった飲みに誘うスタンスが軽すぎる点であり、それが致命傷になるのかと思いきや……
    やっぱりこの人真摯すぎるよ!時間はかかったけど、松子が自分の呑みの関係を気にしているのを知って人付き合いを制御し始めて疲弊するとか中々出来るものじゃないよ!


    一方、美森と破局に近付く今泉……
    くっつくのが突然なら別れるのも突然ですなこのカップルは。互いに恋愛感情に対してシニカルであるためか…?

    付き合って、別れて、そして相手の評価をようやく落ち着いて出来るようになって
    そうしてやっと見えてきた松子の今泉へ向ける感情の正体。
    結局松子にとって最も大切な価値観って一緒にお酒を楽しむことが出来るかどうか、って点なんだろうなぁ

  • 白石さんを姉貴と慕いたい。

    13合め
    白石さん今泉くん松子の自販機前での井戸端会議ほんと好き。大好き。彼ママへの薄皮饅頭とカップ酒が議題。
    あと、ためてから「…一緒に飲めたら楽しいでしょうね」って言う今泉くん反則!!!

    14合め
    のっけの松子のモヤモヤすごく分かる!!!
    そしてちゃんと相手に伝えた方がいいことも今ならわかる。ただし喧嘩腰で言ってはいけない。冷静に。それは冷静に。
    そんで白石さんのアドバイスごもっとも!(笑)
    ねえねえ伊達さん、獺祭の説明に、同僚とよく飲んだ獺祭の説明に「彼女と特別な日に飲むのもおすすめだよ」って言わないで!私泣いちゃうから。

    15合め
    肩透かしのフレンチディナー。
    早い理由が本当に出張かなって穿っちゃう。
    松子のヤバい顔大好き。

    16合め
    美森と今泉くんは距離を置くことに。今泉くんの表情読めないなー。
    そしてついに同僚登場。
    彼女の前で「やっぱり(オイ!)最後はここにたどり着いちゃうのよねー」って言うセリフで彼女の無神経さがわかるよ。
    でもちゃんと話し合えて良かったし伊達さん優しく良かったけど、口だけじゃなかろうな!??

    17合め
    松子の部署の花見会。
    「中からも外からも八重桜だよ」ってなかなかのパワーワード。しかし伊達さんからの写メの時も思ったけど、酔った今泉くん最高にかわいいな。
    「ここで打開したいと思える相手かってことですよ」。
    いやもうしかし伊達さんと松子は、松子辛いだけだよ多分。。。疲れがほんとに仕事によるものなのかも気になる。

    18合め
    「ナマコ!」「女子会?」(笑)
    白石さんの伊達さん評と松子評も。鋭いよな〜。
    さて今泉のいる静岡におつかい頼まれた松子。どうなるどうなるー!

  • お酒が全く飲めなくても、楽しめる日本酒漫画。

    時々恋愛要素入ってきます。

    って感じのゆるさが楽しい作品。

    読んでいると日本酒飲みたくなるんですよねぇ。お酒、全然飲めないんですけど(笑)。
    でも、お酒って楽しく飲むと美味しいんだろうなーという気持ちになってきます。

    ただ、本線のストーリーが少し停滞気味。
    日本酒の紹介ばかりじゃなくて、ストーリーに進展してほしい!

  • 日本酒は超絶美味しそう

  • うー酒飲めない時に読んじゃいけない漫画だよねぇー
    あーおいしそうおいしそう
    なかなかどっちつかずだなあ

全9件中 1 - 9件を表示

はるこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナリミサト
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×