酒と恋には酔って然るべき 6 (6) (A.L.C.DX)

著者 :
  • 秋田書店
4.27
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253160865

作品紹介・あらすじ

結婚も考えていた年上の恋人・伊達が渡米してしまい、ひとりになった松子。それでも伊達からは何事もなかったように連絡が来て、別れたのかどうかもハッキリせず気持ちは宙ぶらりんなまま。そんな松子に「友達」になった今泉が「友達以上」のちょっかいをかけてきて、松子の気持ちは揺れ動き…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本酒の雑学が増えて読んで楽しい。
    「川鶴讃岐くらうでぃ」気になります。飲んでみたい。
    松子のウジウジさが焦ったいなぁと思ってたけど…ついに行動に…。
    次巻も楽しみ♡

  • #漫画 #はるこ #酒と恋には酔って然るべき
    えーー?!!!何?何?いきなり何?! そしてこれからどうなるのーーー?!!!

  • 伊達との恋が終わり新たな恋を探すよりも先に日本酒を満喫してしまう松子がもう本当にらしいというか、自分を見失っていないと言うか
    松子はダメ人間なのか、筋が一本通った人間なのか時折判らなくなるよ……

    何はともあれ伊達と破局した今の松子はフリーということになる。それを受けて周囲の人間、特に今泉がどう動くのかと期待していたのだけど、松子のあんまりにも変わらない雰囲気にすぐに動くことはなかったのか
    というか、松子もなんだかんだ伊達との繋がりは切れていないようだしなぁ
    男関係はひたすら曖昧で進展はなく、けれども日本酒との出会いはどれも新鮮で松子の日常をワクワクさせているという……

    これが学生の恋愛なら付き合ったり振られたりという連続が人生を満たす一助となったりするが、白石が言うように「一年一年が貴重な女の30代」である松子にとっていつまでも曖昧な現状に浸っていて良いわけではない
    ならいっその事、思わせ振りな今泉にアタックを掛けるのはアリなのかもしれない

    5巻にて松子への心情が明かされた今泉。それを踏まえると一見すると摩訶不思議に見える今泉の行動は松子への未練を捨てきれないものなのだろうなと解釈できるようになったな
    松子が名取と二人っきりになった事を知って追ってしまう行動とか随分可愛らしく見えてしまう

    でも、そんなタイミングで伊達が不義理を働いていないのではないかという情報も出て……
    松子にとっては伊達を信じるべきか、今泉に靡くべきか難しい局面
    けれど、はっきりしているのは今行動しなければチャンスは再び訪れることは無いかも知れないということ
    寄った勢いか場の雰囲気か。理由はどうあれ遂に今泉に対して踏み込んだ松子。そろそろ本作も終りが見えてきたのだろうか?


    本編のストーリーには関係ないけど、そのまま飲めたり甘味料代わりに使えるみりんが存在するなんて吃驚ですよ!みりんとか調味料の印象しかなかった……
    いずれ飲んでみたいものだね

全3件中 1 - 3件を表示

はるこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×