Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (8) (秋田文庫)

著者 :
  • 秋田書店
3.76
  • (64)
  • (37)
  • (116)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 722
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253169882

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第8巻は読み応えのある話ばかり。
    ピノコがブラックジャックを探して旅をする話。ピノコが、かわいい。

  • 糸井重里さんは自分のことをたいしたことないものだと言った。親鸞は自分を悪人だと言った。ブラックジャックは医者は神ではないと言った。三者とも同じことを言っている訳じゃないけど、似ているし大事なことなのでは。

  • 「殺しがやってくる」のお話が大好きなんだよね♪

    ピノコ好きにはたまらーん!w

    ちぇんちぇいのために頑張るピノコ。

    健気で可愛すぎる!!!

    あ~、ちぇんちぇいになりたかったし、

    大好きなちぇんちぇいに愛されるピノコになりたかった…

  • 「奇胎」や「白い目」などの人間の不思議に触れる話はさすがと思わずにいられない。

  • 『白い目』『死への一時間』『通り魔』などが収められています。割と地味な作品がまとまっている巻。
    わたしのお気に入りは『ピノコ西へいく』。告訴が取り下げられるまで高飛びしたBJを追って一人旅をするピノコが健気で可愛ぃ♪

  • 狂犬病は潜伏期が二十日から六十日ぐらいだ ヒステリーというのは一種の神経病でね 鋭利な刃物で皮膚や筋肉の走る方向に沿って切れば塞がれた傷口はすっかりなくなってしまうものだ 人間も動物の一種です だから鳥や爬虫類のように卵の殻に包まれた赤ん坊があったっておかしくはない スペインピレネー山脈 手術痕 寒栓 畸形 挫創 評判倒れのインチキ医者 メッケル憩室…まァ謂わば一種の腸のお荷物さ 情状酌量 ふざけるな俺も医者の端くれだ命が助かるに越したことはないさ… 鎌鼬 クル病 ビタミンD すり替え まるで憎悪を風と受け流すような… 膵臓癌 黄疸 生き延びるっていうのは素晴らしいことですなあ…この感動を無駄にはしませんぞ… 高山病に体を慣らしていた 相模刑事は死ぬのではないかという予測は覆りました ちゃくし嫡子 懊悩しながらも 却ってかえって 冷徹ではいられないのだ 菊地秀行

  • 自分自身を実験台にして切り裂き魔の正体を暴いてみたり、押し入ってきた犯人に指をつぶすなりすきにしろと自分を投げ出したり、そういうことってできるだろうか?

  • 生きるってことを切望することは最重要なんだね、キリコでさえも。考えさせられます。

  • 命の尊さを伝えたい気持ちは良くわかる。
    でも、やり方が相変わらず極端。

    あまり無茶しないでほしい。

  • 2016/01/21

    なにかが山を…/発作/誤診/イレズミの男/奇胎/道すがら/白い目/殺しがやってくる/再会/死への一時間/通り魔/ピノコ西へいく/すりかえ/しめくくり

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

手塚治虫の作品

ツイートする