百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)

  • 秋田書店 (1997年4月1日発売)
3.94
  • (180)
  • (95)
  • (172)
  • (10)
  • (6)
本棚登録 : 1079
レビュー : 118
  • Amazon.co.jp ・マンガ (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253170024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 萩尾望都さんを読むようになったのは、父の影響です。
    なんだか急に読みたくなってしまい、手元になかったので図書館で借りました。

    萩尾望都版「百億の昼と千億の夜」は光瀬龍さんの小説が原作ですが、実は小説の方は読んだことがありません。
    マンガも、子どものときに読んだときはストーリーがチンプンカンプンだったものの、阿修羅がかっこよくて、そのビジュアルが見たくて開いていました。
    オトナになってあらためて読んでみると、こんなに深い世界観だったとは…と、驚きです。

    今、自分が立っているところは、本当に「現実」なのだろうか?
    この途方もない宇宙の、さらに外側、そのさらに外側…と、何億年たってもなお、たどり着けない世界が、あるのかもしれない…。

    そう考えると、生きる意味とはなんなのか、世界が存在している意味とはなんなのか、よくわからなくなります。
    いや、意味などなくとも存在している。
    それが世界であり、人なのかもしれません。
    そう思っていたらふと、「哲学のえほん」(植村光雄)の、サルトル氏の「実存は本質に先立つ」という言葉を思い出しました。

    寝る前に読んでしまい、寝るタイミングを逃してしまいましたが、その後の眠りの中でその途方もない世界にひたることができたのはよかったかもしれません。

    萩尾望都「スター・レッド」、竹宮恵子さ「地球へ…」、手塚治虫「火の鳥」、CLAMP「聖伝」が、さらに読みたくなる夜でした。

  • 2008年3月3日読了。

    30何年ぶりとかに読み返してみたけど、やはり難解で壮大な物語。だがちっとも古びていない。
    プラトンがオリオナエでアトランティスは沈み、オリハルコンが残る。悉達多がシッタータで(これは少し判り難い)阿修羅王と共に弥勒の元で、何を知ったのか。長い年月まさに百億千億。彼らが得たものは。

    神も仏もあったもんじゃないってのはまさにこの話のための言葉か?

  • 原作を読み始めたけれどイメージが掴めなくて、補完の意味で漫画を読破。

    原作では60歳の老人であるユダを若者の姿で描いたり、イエスについても出生の部分を補記してある所はあるけれど、原作とは別物のSF漫画として読んだ時、とても面白かった。
    銀河を一つの時間の流れと捉え、その外にも世界があり、更に外、更に外、と無限に広がる空間の中で、宇宙の小ささや生命の存在意味を考えさせられる話だった。
    よくゲームなどで冒険してる世界が実は誰かが作った仮想空間でした、という発想はこういった話に由来するのかも。

  • 光瀬龍の原作とはひと味違った萩尾望都の「百億の昼と千億の夜」がここにはある。
    難しい原作をよく消化して漫画化したものだ。尊敬に値する。

  • 最高の無常感が味わえます。原作は光瀬龍ですが、萩尾望都作品としか言えないコミカライズの最高傑作の一つです。

  • 先に小説を読んでいたんですが、ようやく漫画を読めました。
    壮大な物語を漫画化した萩尾さんの力量に頭をたれますって。
    忠実に漫画化したというよりも、萩尾さんテイストをちゃんと効かせてる。
    ユダも結構重要な役割り与えたれてたし・・・
    ただ、キリスト教信者がこれを読んだら、イエスの描写に
    文句を言いそうな気がしますけど(^◇^;)
    でも小説で感じた切なさ、無常さ、虚無感までもが余韻として残って大満足です。

  • もう何度読んだかわからないが、ほんとにこの話の世界観はすごい。何度読んでも飽きないし、そのたびに世界について考えさせられる。
    この話を漫画で表現するというのも凄いなあ、萩尾望都って。実は原作は読んでいないんだけれど。裏切り者とされるユダが実は・・・という話は、今ではいくらでもあるんだろうけど、この話はもう40年も前に既に語られてたんだよね。ひらすら「へ~」と感心するのみ。時間軸も凄い。百億とか千億年とか・・・スケールでかいわ。しかも「んなアホな」という気がしないんだよね。凄いなあ。

  • 10代の頃、タイトルと光瀬龍、萩尾望都の名前にひかれて読んだもののよくわからず、漫画ではじめて途中挫折。
    今回3度目の再読。
    地球になぜ生命が生まれたのか。
    森羅万象なぜ起こり、人は世界は、どうなってゆくのか。
    神とは?宗教とは?創造主とは?
    これは宿命?
    壮大なスケールとその世界観には、読んでいて圧倒されてしまう。

    正直、まだ理解できたとは言いがたいけれど、
    それでも、☆5つつけずにはいられませんでした。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「読んでいて圧倒されてしまう。」
      原作が凄いんだと思うけど、それを絵に出来る萩尾望都は、もっと凄い。
      萩尾望都のマンガで繰り返し読んだのは「...
      「読んでいて圧倒されてしまう。」
      原作が凄いんだと思うけど、それを絵に出来る萩尾望都は、もっと凄い。
      萩尾望都のマンガで繰り返し読んだのは「銀の三角」。これは絶対映像化出来ない(サイレントなら別です)。
      でも、あの世界で奏でられる音楽は聴いてみたい。。。
      2012/06/02
    • pponさん
      nyancomaruさん
      まずタイトルがすごくて、「なになに?」って感じで手にしたのを覚えています。
      原作はとても自信がなくて読んでません...
      nyancomaruさん
      まずタイトルがすごくて、「なになに?」って感じで手にしたのを覚えています。
      原作はとても自信がなくて読んでませんが、イエスの描き方など、望都さんの方でできるだけ砕けた感じを意識されたのかなという気がしました。
      メモメモ、「銀の三角」っと!(笑)
      2012/06/02
  • 何度も読み直しているのに登録していなった。昨日再読。小学2年の時に読んで衝撃を受けずーっと忘れられない本だった。特に阿修羅が。でも大人になって読み直したらこんなの理解して読んでなかったのだろうな…と思った。

  • 10年は昔に買ったものなのにいまだに読み返すたび、あーそういうことかと発見がある。
    この面白くもややこしい内容を漫画化した望都先生はさすがです。

全118件中 1 - 10件を表示

光瀬龍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×