宇宙海賊キャプテンハーロック (3) (秋田文庫)

著者 :
  • 秋田書店
3.65
  • (7)
  • (7)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253170079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第一部完、となっているが続きはどうやら書かれていないようだ。
    マゾーンとの戦いも終わっていないし、明かされてない謎もそのままというのがとても残念。
    ラフレシアがハーロックに惹かれているような描写もあったのが非常に気になったのだが、もしやアニメ版ならばそういった部分にもアプローチしてくれているのだろうか。
    物語が完結していないのは何とも残念だが、ハーロックを始め魅力的なキャラクターが広大な宇宙を巡るというロマンにどっぷりと浸れて最高に面白かった。

  • 未完なのがとにかく残念。
    ハーロックをはじめ、サブキャラまで愛すべき人物が盛りだくさん。
    敵のマゾーンに対しても礼節を尽くすところ、有紀蛍がマゾーンの高官と会話するシーンなど、独特の松本美学があってとても良い。
    アニメではそれほど重要なキャラではなかった(?)ミーメが、とても重要な位置を占めているのもいい。

  • 1994年刊行(初出年は不知)。

     マゾーンとの対決を描く、シリーズ完結編。ややネタバレになるが、著者らしく、先の対決は描写されないまま。ラストは無二の親友大山トチローの墓標をアルカディア号があとにするというもので、オープンド・クェスチョン・エンディングの最たるものと言える。
     かつては、かかるエンディングに懐疑的だったが、自由と信念、篤い友情物語を描く上では、先の決着など二の次なんだと気づいたところ。ならば、余韻が残る終末もまたあり、と言えよう(ただし本作には別の事情はあったのかもしれないが)。

  • ヘビーメルダー…

  • お勧め!!ハマッタ♪続きが読みたいぃぃ

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1938年、福岡県生まれ。マンガ家。1953年に「蜜蜂の冒険」でマンガ家デビュー。以来、少女マンガ、動物マンガを経て、少年マンガ、戦場マンガ、SFマンガなど多彩なジャンルの作品を発表する。いまも現役の日本を代表するマンガ家の一人。著者『男おいどん』『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』『宇宙海賊キャプテンハーロック』など多数。

「2018年 『零士のメカゾーン 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本零士の作品

ツイートする
×