Black Jack―The best 11 stories by Osamu Tezuka (17) (秋田文庫)

著者 :
  • 秋田書店
3.86
  • (134)
  • (53)
  • (186)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 827
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253171175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手塚さんの漫画を読んで育ちましたから

  • 手塚漫画で一番好き。読んでてわだかまりがのこらない。

  • 説明要らんでしょう。

  • 大好きです!!嫌いな人が何処にいる、BJ。アニメも好調なようで何よりです

  • 烏兎の庭 第一部 書評 10.10.03
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto01/yoko/blackjacky.html

  • しーうーのあらまんちゅ。

  • 先生あぃちてゆのさぁ

  • いわずと知れた名作。大好きです。

  • ブラックジャックカッコよすぎ。ワガママだけど一途なピノコがかわいい。

  • なぜか文庫版もコミックス版も全部持っている。全女子ファン垂涎のピノコ役も金があればゲットできるという資本主義社会の大原則をウタダさんが教えてくれた。

全69件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

手塚治虫の作品

ツイートする