アンジェリク (1) (秋田文庫)

著者 :
  • 秋田書店
3.74
  • (15)
  • (17)
  • (27)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253171281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全3巻

  • 緑色の瞳をもつ美しい乙女、アンジェリクの半生を描いたストーリー。
    お話の舞台は17世紀後半のフランス。
    美しい従兄弟に淡い恋心を抱く男爵令嬢のアンジェリク。
    彼女はやがて運命のただ一人の人、ジョフレと出会い、愛し合い結婚する。
    ところが幸せな二人は、陰謀、嫉妬、思いもしない出来事により、過酷な運命の輪に巻き込まれ引き裂れてしまう。

    いつも自分の運命を受け入れて立ち向かっていく勇気ある女性、アンジェリク。
    これでもか、これでもか!と彼女にさまざまな試練がふりかかる。
    だけど彼女は勇敢。
    自分の手で自らの運命を切り開く。
    そして、そんな彼女に魅せられた人々が周囲に集まってくる。

    長いマツゲバチバチのアンジェリクが美しいし、黒髪で落ち着いた雰囲気のジョフレも素敵すぎる!
    そしてアンジェリクにずっとひたむきな思いを寄せるニコラがせつない。
    登場人物が本当に生き生きとしていて魅力的。
    また当時の貴族の暮らしぶり、ファッション、そういった女の子が好きなものが散りばめられており、うっとり~。
    それと別にヒロインの強い生き方にこちらも勇気づけられる。
    ロマンスあり、冒険ありで、何てドラマチックなお話!
    これぞ少女マンガの王道と思うマンガです。

  • 原作と木原さんの絵柄が見事にマッチ。波乱万丈の歴史・恋愛・冒険譚。
    少女の頃に読んで、フィリップが好きで好きで好きで死にそうでした。

  • 全26巻を1ヶ月ちょっとで読み終えた。どんだけ、はまったんだか…。

  • 2009年11月23日(月)に読んだ。
    全三巻。

  • ジョフレ!

  • 権力こわい…;

  • これも好きな長編小説。

    洋物のルイ●世の時代物とか、好きなんです♪
    衣装とか派手そうだし、そういう周りの情景のナレーションも好き。
    豪華絢爛、なムードとか。


    全部で26巻だったかな?
    19巻くらいまでは面白かったんだけど、よくある、後半面白くない感じ。
    そして、最後の巻は(連載系じゃないはずなのに)走馬灯のように話が展開しては終結してしまう。

  • 文庫版は全3巻・・・かな?17世紀後半フランスが舞台の、逆ハーレムな漫画です。ジョフレも嫌いじゃないんですけど、とにかくフィリップが!毒ばっかりで不器用なお人形さんには幸せになってほしかったです。

  • 小説アンジェリクの漫画です。
    原作とはかなり違っていてこれはこれで面白いです。
    なんといってもペイラックかっこいい!

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1948年東京都目黒区生まれ。1969年、『別冊マーガレット』でデビュー。代表作に『摩利と新吾』『杖と翼』『アンジェリク』『夢の碑』など。現在、集英社の隔月誌『ザ・マーガレット』誌上にて、『王朝モザイク』を連載中。

「2019年 『バルザック 三つの恋の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンジェリク (1) (秋田文庫)のその他の作品

アンジェリク 1 単行本 アンジェリク 1 木原敏江

木原敏江の作品

ツイートする