元禄御畳奉行の日記 上 (秋田文庫 7-44)

著者 :
  • 秋田書店
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253172059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【230】 <strong>◎ 神坂 次郎 『<font color=green>元禄御畳奉行の日記</font>―尾張藩士の見た浮世』</strong> (1984/09 中公新書) ★★★★☆ - HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書・映画備忘録
    http://hurec.bz/mt/archives/2006/08/230_198409.html

    元禄御畳奉行の日記 上巻 | 秋田書店
    https://www.akitashoten.co.jp/comics/4253172059

  • 元禄時代に実在する奉行が毎日書き溜めた日記の漫画化。
    今の時代だったら完全に週刊誌記者。な野次馬根性だけど、
    当時の生々しい生活が分かって面白い。
    それにしてもいつの時代もお役人って…。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

横山光輝(よこやま みつてる)
1934年兵庫県生まれ。手塚治虫の『メトロポリス』を読んで漫画を書き始める。
高校卒業後、銀行、映画会社宣伝部の仕事を経て、1955年『音無しの剣』でデビュー。
単行本用に描かれた『鉄人28号』が「少年」に連載されブームを起こし、1960年『伊賀の影丸』で人気が定着。他のヒット作に『仮面の忍者赤影』『魔法使いサリー』『バビル2世』など。その後は中国史劇を手がけ、『水滸伝』『三国志』を手がける。
SF、時代劇漫画、歴史漫画、少女漫画と、多方面で活躍し数多くの作品を発表。
2004年死去。

「2022年 『鉄人28号《オリジナル版》 8』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横山光輝の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×