フェネラ (秋田文庫 27-3)

著者 :
  • 秋田書店
3.75
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253174732

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 京都国際漫画ミュージアムで読んできました。壁面これすべてコミックス、さらに特別展や展示物ももりだくさんで、まさに夢の城…そんな特別展の一つ、原画’(ダッシュ)ではわたなべまさこ、花郁悠紀子、竹宮恵子各氏の原画の複製が飾られていました。花郁さんのカラー画はまるで竹宮恵子。色彩感覚に優れていたと解説にあったように繊細で絹織物のようになめらかで美しかったです。異世界とつながった穴−αポイント−に住むフェネラ。彼女を中心に主人公の亡命研究者、異世界に妻を連れていかれた男、フェネラの父親、異世界の住人たちetc.が世界とどうかかわっていくのかを描いた物語。萩尾望都の「銀の三角」をもっとファンタジックにしたような、ちょっと難しいけどいつまでも浸っていたいような非日常空間でした。

  • 表題作フェネラはもうひとつなんだよなぁ。ちょっと甘すぎる、考えが。
    それより僕は「わが愛しのフローレンス」(うわぁ、タイトル並べると恥ずかしいや)が好きだった。

    雨が当分止みそうにない、種明かしとかをせずに、ただ笑って過ごせたあの時間的な、そういう空気が大好きですから。

全2件中 1 - 2件を表示

花郁悠紀子の作品

ツイートする
×