天より来る河―中国ふしぎ夜話3 (プリンセスコミックス)

著者 :
  • 秋田書店
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253191739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者さんもかかれてますが、3巻目の「天より来る河」は、1巻の「黄金の石榴」と「慈雨」の間に入るお話になりますが、趙青龍が人間だった頃の恋のお話と仙人になることになったきっかけになるお話で、3巻の「天より来る河」を読んでから、1巻を読み直すと、趙青龍の人となりがより分かりやすいと思います。

    最後の「狐塚」は仙人は出てこない別のお話になりますが、妖弧小寧と成仁の愛が切ないです。死んでしまったときも、小寧は成仁の精気はほとんど取らなかったんだなぁって。

    前巻はちょっと今一でしたが、3巻は読み応えありました。

  • ベタな展開だけどそれがいい!
    青龍が仙人になった理由と人間嫌いの原因に涙。
    久し振りに『狐塚』が読めてよかった。

全2件中 1 - 2件を表示

天より来る河―中国ふしぎ夜話3 (プリンセスコミックス)のその他の作品

長池とも子の作品

ツイートする