戦国美姫伝花修羅 3 (プリンセスコミックス)

著者 : 山田圭子
  • 秋田書店 (2011年4月15日発売)
3.81
  • (2)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253192736

戦国美姫伝花修羅 3 (プリンセスコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 個人的に嫌いじゃなかったあの小さいころの主人公が、時を経てあの姿に。なのに精神年齢はそんなに変わってない様子。
    う~ん…私たちが目を離した隙に成長という、時代の変化はあんまり表さないようで。ん~…深みがないのかなんなのか。私の好みから離れていっているかも。

  • 姫将軍

  • ※感想は第8巻のレビューに。

  • ようやく大人編が始まりました。ここからが本番だということなので、今までよりも期待します。
    ラブ的な意味でも(=´∀`)人(´∀`=)

  • 比叡山編の後半と雪代谷編が入ってます。

    比叡山で仲良くできたと思った村人達に捕まり、織田に引き渡されることになった六花。簀巻きにされちゃってそのまま捕まるのかと思ったら、村人みんな死んじゃいました・・・。

    葯枝も昔嫌な目にあわされた坊主たちを皆殺し。えげつないです。

    比叡山編から3年後、大人になった六花が雪代谷に戻り、やっと琥珀と再会。六花は髪が短くなってて、ちょっと違和感がありますが、琥珀はかっこよくなってます。

    ただ、感動の再会とはいかなくて、琥珀の中に壁があるようです。織田家が攻めてきて、城に籠城した六花たちですが、最後に出てきた信長が誰を寄こすのか、今後の展開に期待です。

全6件中 1 - 6件を表示

戦国美姫伝花修羅 3 (プリンセスコミックス)のその他の作品

戦国美姫伝 花修羅 3 Kindle版 戦国美姫伝 花修羅 3 山田圭子

山田圭子の作品

戦国美姫伝花修羅 3 (プリンセスコミックス)はこんなマンガです

戦国美姫伝花修羅 3 (プリンセスコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする