白妖の娘(4)完結 (プリンセス・コミックス)

著者 :
  • 秋田書店
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253194075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 201906/

  • 平安時代の中流貴族の娘と地方官吏の青年と、青年の先祖が封じた妖魔との数奇な人生を巡る伝奇物語第4巻にして完結編。一見大団円のように見せかけて、切ない最後はこの人の十八番。泣いた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

漫画家。1948年東京都目黒区生まれ。1969年、『別冊マーガレット』でデビュー。代表作に『摩利と新吾』『杖と翼』『アンジェリク』『夢の碑』など。現在、集英社の隔月誌『ザ・マーガレット』誌上にて、『王朝モザイク』を連載中。

「2019年 『バルザック 三つの恋の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原敏江の作品

白妖の娘(4)完結 (プリンセス・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×