後宮デイズ~七星国物語 4 (プリンセスコミックス)

著者 :
  • 秋田書店
3.66
  • (4)
  • (13)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253195966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウイキョウ姫のターン完了。
    で、退場。
    なんだか、そういう性格設定だったのかと、ちょっとかわいそうな感じです。このあと、まぁ、本人は何事もなく過ごすんだろうけどね。
    烏の発言は至言です。

    次は桔梗姫と木蓮姫のターン?
    桔梗姫は、ファザコンですか。なるほど。
    お父さんがお父さんなので、陛下側にはつけそうにないお姫様ですね。
    木蓮姫のほうが陛下側につきそうだけど、貧乏国のお姫様って働き者だと思うよ、ほんと。いままでがぼーとしていて影が薄かったので、これからの動きが楽しみです。
    しかし、本気でみんないろいろな理由で陛下に興味がない。
    寵愛を競うとか、ないね!
    陛下の立場の弱さ(国の中での微妙な立ち位置)がしのばれます。
    それにしても、なんでお渡りで国が救われるの?
    微妙にそこをはやくしりたいね。世継ぎ云々? にしてはなんだかなぁ、だし。

    翡翠の臣下の愛に目覚めるあたりが、おバカさんで笑えますが、本気で兄弟なのか? でも、陛下の子供のころを棕櫚も知ってますし・・・わからぬぜ。

    さて、芙蓉姫へのお渡りの真相は? で次巻へ。

  • 本当の兄妹だった場合、どうなるんだろう?

全13件中 11 - 13件を表示

後宮デイズ~七星国物語 4 (プリンセスコミックス)のその他の作品

すももももの作品

ツイートする