範馬刃牙 6 (少年チャンピオン・コミックス)

著者 :
  • 秋田書店
3.45
  • (8)
  • (8)
  • (34)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 246
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253209885

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • グラップラー刃牙のころは紛う事なき傑作だった。が、BAKI中盤あたりから板垣の歯車は狂い始めた。「全ての試合が瞬殺」「変なブスとバキくんのセックスを保健体育の教科書調に書き散らす」「オーガ誕生秘話とかいってほんとにそのまんま出産の様子を漫画化する」「毒手でガリガリにやせたバキくんがきもちわるい」「範海王とかいってこりゃぜったい範馬の血だよ!と思わせといて実はただのザコでアライJrに瞬殺される」「そのアライJrも半年くらい出ずっぱりで物語を散々ひっかきまわしといて、いざバキとの試合に臨んだら金的一発で死亡、なにがしたかったんだ板垣」などの悪行をくりかえす板垣にかつてのファンは失望し、ひとり、またひとりと去っていった…(続く)

  • オリバのフィアンセ(?)マリアの登場。
    キングサイズのベッドごと運ぶ姿に喝采。
    そしてタキシードの形状記憶(笑)

    さらにオリバvsゲバルの「ルーザールーズ」決戦。
    どちらも言い訳がましくみっともない。
    だが、面白い!

  • ハンカチ遊びのお話・・・

  • シリーズ通算79巻目。ビスケット・オリバvs純ゲバル。伝説の恋人マリア登場。アメリカへと旅立つゲバルの為に瓶に嵐を閉じ込めようとする少年のエピソードとマリアにしがみついてタヌキ寝入りする刃牙がいい。
    今巻の刃牙知識:貴族がコップを持つ際、小指を立てるのはスパイスを余分に取りすぎないため

  • 板垣恵介

  • ルーザールーズ ジルベルトスタイル

  • かっこわる〜

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

板垣恵介(いたがき けいすけ)
1957年4月4日北海道生まれ。高校を卒業後地元で就職するが、後に退職し19歳で陸上自衛隊に入隊。習志野第1空挺団に約5年間所属し、アマチュアボクシングで国体にも出場する。その後病による入院を機に自衛隊を除隊し、さまざまな職を経験しながら漫画家を志す。30歳のとき、漫画原作者・小池一夫の主宰する劇画村塾に入塾し、『メイキャッパー』でデビューを果たす。1991年に連載スタートした『グラップラー刃牙』は、『バキ』『範馬刃牙』とシリーズを重ねることで、格闘漫画の新たな地平を切り拓いた名作となった。他の代表作として、『餓狼伝』(原作:夢枕獏)、『バキ外伝 疵面』(作画:山内雪奈生)、『謝男(シャーマン)』などがある。


「2013年 『檄!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

板垣恵介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×