弱虫ペダル 24 (少年チャンピオン・コミックス)

著者 :
  • 秋田書店
4.16
  • (88)
  • (82)
  • (50)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 996
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253214773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この夏、一番に読み手を熱くさせる漫画、と紹介しても過言じゃない濃密な内容
    荒々しいように見えて粗さはなく、繊細さを醸しつつも拙くない
    あくまで、私のツボだが、渡辺先生の描く太腿は男でもキュンキュン来る
    もしかしてしまうと、自転車レース漫画の名作『シャカリキ』を超えつつあるか?
    また、この漫画の熱は心臓から来るような気がする
    藤田和日郎先生の作品は腹の底から「グワァァァ」と脳天まで突き上がって来る熱だが、この『弱虫ペダル』は心臓から「ズワァァァァ」と全身の隅々まで一気に広がる熱だ
    どちらが好き、と決められないが、どうしようもない位、キツい時に元気を出したい時はコッチだと思う

  • 一緒に走る、楽しいという小野田くんが
    仲間が脱落する厳しい世界の中、ハプニングが起きても前を向き
    明確に戦う姿勢を見せて走っていく姿に感動します。

    やっと真波くんが全面的に出てきた感じです。

    今泉くんの覚醒ぶりもたまりません。

    個人的には石垣くんが良かったです。
    御堂筋くんに対して、純粋、
    出会った時気付いてやれなくてすまんという言葉が出てくるところが
    素晴らしいです。

  • 最後の面白かったっす。

  • 総北のジャージをゴールに届けろっていうセリフで泣く。

  • 電子書籍。御堂筋VS真波が始まった。この2人の戦いはちょっと怖いね… ほやんと可愛いだけの子じゃないと思っていたけど、御堂筋にも認められちゃうぐらいいっちゃってる真波。そんな戦いの中ヒョイッと参戦してきた小野田にはビックリするもなんかホッとしたw 特別編の巻島と小野田のやりとりにほっこりしたわ♪

  • インターハイがなかなか終わらない。数巻前ではシンミリしてた御堂筋くんですが坊主頭にして戻ってきた時にはいつもの御堂筋くんに戻ってました(笑)ブレねーな。1年生、小野田真波御堂筋のクライマー対決。小野田くんはエースや前を走ってた真波くんたちに追い付くことしか考えてなかったけど、途中のコースアウトや諸々を考えるとよく追い付いたよね。

  • 小野田坂道くん無双の24巻。
    今まであまり出てこなかった真波山岳くんも本来の力を出し、3校とも1年生対決になってきた。
    インターハイだけでどんだけ巻を使うつもりだ、と思いつつ読んでいるけど、次はやっとゴールか?そろそろ息抜きをさせてくれ。

  • 弱虫が「強くなる」と自分に課した! 3校のホープ3つどもえの勝負所なんだけど、それをあんまりよくわかってない坂道。自分の勝敗が完全に二の次になってるのが2人と異質で、主人公としても異質だ。その異様が凄まじいし心意気が刺さる。行け!

  • やっぱり真波くんも怖いなあ…。そして坂道に「イミワカラン」な御堂筋は微笑ましい。うん。対坂道の御堂筋は実に微笑ましくてよい。
    おまけ特別篇は実にほのぼのだった。

  • 3日目の登坂コース。御堂筋が後方からトップを狙って追い上げる。
    それを阻止するため、真波と小野田が御堂筋を追う。
    ついにゴールまで10kmを切る。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

3月9日長崎県生まれ。代表作に『まじもじるるも』『弱虫ペダル』『制服ぬいだら ♪』『電車男~でも、俺 旅立つよ~』『ゴーゴー♪ こちら私立華咲探偵事務所。』がある。

「2019年 『OAD付 まじもじるるも -放課後の魔法中学生-(9)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺航の作品

弱虫ペダル 24 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする