空が灰色だから 2 (少年チャンピオン・コミックス)

著者 :
  • 秋田書店
4.20
  • (103)
  • (88)
  • (45)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 773
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253217163

作品紹介・あらすじ

コメディーか、ホラーか、背徳か、純真か…。思春期の“うまくいかない”日常を描く、至極のオムニバス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一巻がどこにも置いてなくて(結局アマゾンで取り寄せた)、一話完結の漫画だし2巻からでもいいかと思い購入。つまりこの巻が初めて読んだ空灰な訳です。

    15話から19話からの流れが好きすぎる。
    ネガティブスリーパーの3人組の会話が面白かったので、4巻で再登場した時は嬉しかったな。
    野球の話のラストは痛すぎて切なかった…。
    1巻に比べてシリアスな内容が増えたように思うけど(そういうのも大好きなんだけど)、14話や23話みたいなほのぼのとした話もあって良かった。

  • 気になってた作品、書店にこの巻しか置いてなかったが、オムニバスらしいので気にせず購入してみた。

    あーーー、なんだろう。
    タイトルにも入ってるように、「灰色」な世界だった。
    いい話、嫌な話、怖い話、不思議な話、てんこ盛り。
    わたしの好きなモダンホラーテイストで、読んでて\ほう!/となる事もしばしば。
    他の話も読んでみたいなー。

    画面の作りは久米田作品みたいだけど、ちょっと好き嫌い分かれるかな?

  • 怖いって感覚をいやがるひともいるし、つらいって感覚を避けるひともいるし、暗い人間のことなんか目にも留めないひともいるし、でも私はそういうものをいちいち見に行くのが好きでたまらない。ああこんだけ深く潜ったら死ぬかなってくらい暗くて暗い場所にいってドキドキしていたい。そういうドロドロしたところにある変な深海魚がグロキレイだったりしたらたまらない。皆が嫌がるものを自分が見ているっていうくだらない優越感に自己嫌悪してゾクゾクする。そんな気持ち。

  • お願いもう無理やめてあげて、から面白えなあ可愛いなあ、までいろんな方向に心を目一杯振り回してくれる。最後の書き下ろしには救われた。

  • 若者の俗っぽさを狂気に落とし込むのが上手い。和む話の後にただただ心を抉られる話が続いたりするので感情がぶん回される気分になります。今巻だと不破さんの話がめっちゃ好きです。『タダシくん』の詩織ちゃんにも城田さんをあてがいたい。
    ショートショートではしかたないかもですけど、投げっぱなしの話が多くてちょっとうーんとなります。読者の想像力に任せるにしても、もう少し足がかりがあった方が個人的には好み。「黒」とか「こわいものみたさ」とかそんな感じですが、雰囲気や発想はとても好きでした。

  • チャンピオンでも読んでいるけれど、まとめて読むと、ダメージが・・・
    ざわざわする。

  • 読み返し。「星畑~(略)」がのシリーズが好き。可愛い。

  • 「おはよう」「ネガティブスリーパー」が好きです。
    最後の話は怖いので、今でもページを開きたくないです…。

  • 今日泣いていたみんなが 泣いてない私を嫌悪した
    今日笑ってるみんなが 笑っていない私を嫌悪した

    私はこの扉の存在を知ってしまった以上
    この先にあるものがこわいかどうか確かめないといけないの

    何が愛の叱咤だ
    何が信じていただ
    なめてんのか

    白い絵の具が足りなくても(以下略)

    いやだ 殺されたくないよ~

    (みんな私の真似)

  • こわいよぉ…

全64件中 1 - 10件を表示

阿部共実の作品

空が灰色だから 2 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×