AIの遺電子 6 (少年チャンピオン・コミックス)

著者 :
  • 秋田書店
3.75
  • (4)
  • (10)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253221146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミック

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 未解読文字を発掘するもAIに任せず人とヒューマノイドで解こうとするふたり。即身仏になり悟りを得ようとするヒューマノイド。嘘をつきとおす道具は揃っていると豪語して患者にうその記憶を植え付けて人生の支えにしている同業者。人にとって便利でありがたい反面、活動領域が狭められる可能性も示唆していることは確か。

  • なんか今巻はどの話もとても良かった

  • 会社の中でトイレを居心地のいいものにしたい、と働いている青年(ヒューマノイド)の存在。会社のトイレは清掃担当の部署が一括しているが、前の店の清掃担当の方々は色々工夫をしてくれていたし、清掃後のトイレは本当に綺麗で心地よかった。今の店の清掃担当者は掃除へたくそ。特に従業員用のトイレが綺麗になったと思った事が一度もない。私は昔から「トイレを探し続けて入ってみると異常に汚くて困惑する」夢を見るくらい、トイレに対する不潔感が苦手だ。用を足さなければいけないので我慢できるから潔癖症ではないが、不潔なトイレを見ると「清掃している人が自分の仕事をどうでもいいものと思っているんだな」と思って哀しくなるんだよなぁ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

山田胡瓜 KyuriYamada
漫画家。IT記者としての活動の傍ら作品を描き続け、
2012年、『勉強ロック』で「月刊アフタヌーン」アフタヌーン四季大賞を受賞。
2013~2015年に「ITmediaPCUSER」に連載した『バイナリ畑でつかまえて』で注目を集める。
2015~2017年に「週刊少年チャンピオン」で連載された『AIの遺電子』は、人間そっくりのヒューマノイドを治療する医師を主人公にした、
AIと人の関係を描く近未来SFコミックとして、各方面に大きな反響を呼ぶ
(単行本は秋田書店から、全8巻で完結)。
2017年より「別冊少年チャンピオン」にて、『AIの遺電子REDQUEEN』の連載をスタートさせている
(単行本第1巻は、2018年4月に秋田書店から刊行予定)。

「2018年 『バイナリ畑でつかまえて 新編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田胡瓜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×