BEASTARS 5 (少年チャンピオン・コミックス)

著者 :
  • 秋田書店
4.24
  • (22)
  • (24)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253227582

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハルが誘拐される。
    ルイは自分の過去を清算するため見て見ぬ振りを。
    しかしレゴシはハルのために獣になる。

  • 今までの巻も面白かったけどこの巻が一番面白かった。レゴシめっちゃかっこいいし成長が著しい。

  • 可愛いレゴシから一転、めちゃくちゃ格好良かった。ハルちゃんはやっぱりルイ先輩のことを本気で好きだったんだなぁ。ルイ先輩もルイ先輩でハルちゃんに特別な感情があるんだろうか。あるからこそのあの行動?過去の一件から大人への不信感の結果?両方が複雑に絡み合っているんだろう。

  • 「俺は君の獣になる 判定は君の自由だ」

    学園ものから一転して、裏社会のお話に。
    一学生がそこまで出来るか?と思ったけれど、肉食動物だしいいのかな。パンダ強い。

  • (当たり前だけど)ハルの行動にも理由があったんだねっていう。

  • 隕石祭が迫る中、ジュノとルイが対峙。次なるビースターの座を目指して、肉食獣と草食獣の静かなる戦いが始まった。一方、ハルのことを好きだと気づいてしまったレゴシは、意を決して告白しようとするが…そのハルが何者かに攫われてしまった!!(Amazon紹介より)

  • 相手と対等になるための条件。それは人それぞれだけれど、やっぱりプライドが邪魔をするのかな? 自分はそんなものないと思っていても、きっと何かがある。それを捨てなければならない時が、いつか来るのかも知れない。レゴシとハルの先行きも気になるけれど、誇り高き彼は、どうなったのだろうか? 彼が舞台から消えると、どなんな結果に?

  • レゴシの本能が出て本人がえ?ってなるところとかとてもいい。この本能を飼い慣らしていけるのだろうか。

  • 今巻はバトル巻、なためか、あっという間に読み終わってしまって続きが気になる。レゴシとハルの展開もだけれど、それよりもルイ先輩はどうなってしまうのか。エリートの方が、上手く失敗できない、踏み外すときは最下段まで転がり落ちるというのはひとつの典型だけれど、ルイ先輩の場合、バックグラウンドの重みがそれに拍車をかけていて凄絶。

  • 今回もハルちゃんがエロかった。そしてルイ先輩はどうなったのー???!!!ルイせんぱーーーい!!!!

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

板垣巴留(いたがき ぱる)
1993年、東京都生まれの漫画家。女性。武蔵野美術大学映像学科卒。
2016年『週刊少年チャンピオン』14号からの短期連載『BEAST COMPLEX(ビーストコンプレックス)』によって漫画家デビュー。同年、『週刊少年チャンピオン』41号から『BEASTARS』を連載開始。同作が 『このマンガがすごい!2018』オトコ編 第2位、第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞、第11回マンガ大賞大賞、第22回手塚治虫文化賞新生賞、第42回講談社漫画賞少年部門などをそれぞれ受賞した。

板垣巴留の作品

BEASTARS 5 (少年チャンピオン・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする