シグルイ 2 (チャンピオンREDコミックス)

著者 :
制作 : 南條 範夫 
  • 秋田書店
3.59
  • (40)
  • (28)
  • (107)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 457
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253230445

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 菊川の里 介抱 一陣の風 丸石=夜泣石 船木道場の兵馬数馬はその日も同時に達した 男娼 安堵 酒と色に溺れた後は汚れを落とす意味で日坂宿に程近い比乃坂神社に参拝してから帰宅するのが常であった もののふ武士の作法ならい 金剛力士 兜割り 己おれの方が速い 相討ちでは困るのだ その間合いに入ることは死を意味していた 虎眼流に「流れ」と呼ばれる特殊な''握り''がある! 精妙なる握力の調節 秘伝 異変 最少の斬撃で斃す 三寸切り込めば人は死ぬのだ 伊良子ゆすげ 粟ヶ岳松葉の滝 木造家屋の密集する当時の宿場町 陰嚢いんのう 触らぬ''いく''に祟りなし 無惨無惨 囲われ者(妾) 掛川城主安藤直次 七丁念仏 辻にて験した 乞食坊主 生き様しにて 眉唾物 妖刀 科人 要は皮一枚恐怖によっても人は死ねのだ 許嫁男 門弟の身ゆえ それがしの申し上げたき儀はつまるところ奥方様はただの女童唄など笑止 委細承知致しました 金輪際 おぼこ未通女 師の仰せとあらば無碍にもできまい 己の剣はどこまで昇る… 逆川に面した貧民集落 夜鷹 子を孕んだ 生まれたその日に四つ足で這い歩いた獣の子 稽古納めに行われる無刀取りの演武 婚礼 厳粛な儀式 恋という概念が入り込む余地はない 当主の一存 なんにょ男女の契り 貞操 大事ない お痛ましい御容体 傀儡くぐつ 焼け火鉢 生まれてくるのは蛭子ひるこ うまれたぁ もっと悍ましい何かだ 煤払い 懐中の温石 勝負の行末は明らか 脇差の一閃 神速 新手 虎眼流奥義流れ星の骨子となる技法 寛永元年師走晦日 年の瀬の賑やかさは此処には無い いらしゃんせえ〜 銀鍔 脳梅 屠蘇酒 奉仕 刃紋 察し いくは儂の道具ゆえ喃 無刀であろうと容易に人体を破壊しうる 死狂い 葉隠 戒め 戦う前に思考の中で損得の計算をして、行動を未遂に終わらせてしまう者は、武士ではなく卑怯者である。凡庸の者 死狂いこそ命の最後の拠り所となるものである 山口貴由 猿狩り 島原の乱 仕置きという宴が始まる さらなる修羅をあなたは浴びる!

  • 犬は腹を斬られはらわたをぶちまけ、猫は首をコロ..と斬りおとされる!

  • 真の虎眼流の跡目は、、、

    :)

  • 先生がとうとう伊良子の所業に気が付く。

    真剣勝負は1度だけって1巻で言ってたけど、前半の双子との戦いがそうなのか、それともこの後なのか。どうなんだろう

  • 虎眼流の跡継ぎが伊良子に決まるも、同時にいくとの密通が発覚して雲行きが怪しくなるまで。ギャグじゃないのに「ぬふう」はつい笑ってしまう。

  • 狂っているのは当主。
    種ぇ~

  • ふむ。シグルイは葉隠の一節、「武士道は死狂ひなり」の死狂いから来てるのね。

  • 伊良子、藤木、それぞれの武。だんだん藤木のほうが不気味に感じるようになってきた。虎眼、怖っ。

  • 借り物

  • 殺陣の残虐性は増すばかりですが、ここが最北でしょうか。
    南條 範夫さんが原作なので、べースはしっかりしていて、武士道のもつ残酷さはかるあるというとこでしょうが、個人的には露悪的かな。腸がどばどばというのは悪趣味に感じますね。わざわざ脳を輪切りにしなくてもと思ってしまう。

全18件中 1 - 10件を表示

シグルイ 2 (チャンピオンREDコミックス)のその他の作品

山口貴由の作品

ツイートする