鉄のラインバレル 2 (チャンピオンREDコミックス)

  • 秋田書店 (2005年11月19日発売)
3.51
  • (22)
  • (25)
  • (77)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :375
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253231626

鉄のラインバレル 2 (チャンピオンREDコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前巻よりも戦闘シーンが多くて、ラインバレルとヴァーダントの戦いがとてもかっこいいです。ラインバレルを読むキッカケになった、ヴァーダントと森次さんの表紙が素敵です!

  • レインボーブリッジ破壊して車がポロポロ落ちて犠牲者ゼロはないと思った。矢島の首とかもがれてたりゴンドラの客が握りつぶされてたのに比べたらそこが妙に甘く感じた。

  • 哀しみと怒りの早瀬。

    ラインバレルの脅威を知る。

  • メカも格好いいし、出て来る皆がそれぞれかっこ可愛い。
    主人公が駄目なとこも(多少ギャルゲー風味に女性はすべて彼が好きですが)いい感じです。

    まあ個人的には森次さんとヴァーダントがいればいいんですが。

  • 2巻の表紙の森次さんとヴァーダントに
    一目惚れしてラインバレルを買い始めたという(苦笑)

  • 正義の味方になりたいという思いがありながらも、なんとなく利用されているだけのような気もしないではない。

    ヒーローのロボには、やっぱり、謎の力あるようですし。あの鬼のイメージは、永井豪的で、よいです。

    よく行く本屋さんに、手書きのPOPで紹介されていて、

    「エヴァでも、ガンダムでもない、衝撃」

    とか書かれていました。

    うん、これは、マジンガーの後継者です。

全8件中 1 - 8件を表示

清水栄一の作品

ツイートする