シグルイ 12 (チャンピオンREDコミックス)

著者 :
  • 秋田書店
3.97
  • (28)
  • (30)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 360
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253232227

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 謁見えっけん 目映いばかりに 彼奴の生き恥が我が剣名を高めてくれる 威嚇ではない左腕の喪失した新たな重心を肉体に覚えさせているのだ 人の身の''盛衰''と''善悪''とは必ずしも一致しない筈であるが世間は衰えし者を''悪''と蔑み盛えし者を''善''と崇める 経絡脈を利用した整体治療 その声は空気を濡らした お前の目は不思議じゃ見つめられると何もかも与えてしまいたくなる 峻安に得物は不要… 人の奥底には''無明''と呼ばれる闇が潜んでいてその闇を覗いてしまった者は鬼の姿と化する 透視すかし いくの命令口調は遠慮をさせないためである お前は伊良子清玄と密通したのか?

  • 「葉隠」について受講した際になんともいえない感銘を受け、教授にわざわざ感想を述べ伝えに行った日のことを思い出した。「武士道は死狂ひなり。一人の殺害を数十人して仕かぬるもの」―「武士道」への憧れって何だろうなあ。根性なしの自分には決して達し得ない境地には違いなかろうが、本作は藤木、伊良子、そして牛股を通して疑似体験できる、まるで麻薬みたいな逸品。虎眼先生は真性の吉外とお見受けしたが、愛妾いくの情の深さがツボに嵌る。楳図先生もドン引きしかねないおびただしい臓物量も慣れれば記号みたいなもので、物語の色づけのようなものとしか感じなくなってしまった。エピソードとして特に印象深かったのは藤木片腕縫合の話で、四肢欠落フェチの類の物語を読み返したり、自身のなかにある不完全なものに感じるエロティシズムを重ねながらちと萌えてしまった。

  • 面白い。バガボンド級だね。表紙が珍しく着衣だ。

  • 山のフドウみたいなキャラが出てきた。

  • ひたひたと最終幕の御前試合に向かって動いていく。4人の男女と虎眼先生の愛憎カラまるエログロ時代絵巻。

  • 隻腕の剣士と盲目&破足の剣士の、ドロドロした因縁ありきの超緊張感ある時代劇。

    だいたい血しぶきが飛び、臓物が出ます。

  • 剣豪マンガで、最近の中で一番のヒット。

    ありえない超絶技巧で戦う場面は壮観の一言。
    ただちょっとグロイ描写があるので、
    そこで好き嫌いが分かれるかも。

  • 「礼などいらぬ……わ わしはただお前のことが…」

  • 【覚書】
    藤木…!

  • ハードコア!!!面白い(><)でも電車では読めない。w

全18件中 1 - 10件を表示

山口貴由の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×