9番目のムサシミッション・ブルー 8 (ボニータコミックス)

著者 :
  • 秋田書店
3.81
  • (4)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253260121

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • 封底2人的氣氛真感慨~~~~
    結局收得我也喜歡XD 
    (尤其是從本部~第2部開始就越來越走投無路的慎悟XDDD)
    (對他已經從死白目高中生~變成超令人同情的中輟生惹...)

    那中國幫派頭目~也在糾結中吧@@
    從他第2次(?)沒必要還繼續假扮慎悟的同班同學
    或是更之前~離開休養的地方,早上也故意化妝~
    明明一走出大廈外面~謊言就會揭穿~@@
    (因為更先前~以刻意發通知給8號惹~@@
     9號當然會帶UB的人過來~接人?訓話!?)

    感覺帳道明(張道明,前面是日文維基用的姓氏~原文@@?)
    想要慎悟這個「朋友」~也想要9號這個部下/同事兼戀人XD
    不過無論是哪個~都不可能得到啦XDD
    已知悲劇~所以讀者應該都會同情他吧我想XD
    到目前來說~戲份也都是好腳色XD

    像是本集最後大事件收尾(從Vol.7~8)
    畢竟慎悟還是一般人(打架被9號慢慢訓練(XD)得比較強而已XD)
    張道明可說是實質保護&幫助了9號吧...@@
    (慎悟知道的話~因該會更自卑與痛心...自己的沒用吧@@;;;)

    ***

    是說住在篠塚=9號的高級公寓~偶爾出去打工
    19號說,每次慎悟和篠塚吵架時都是「把自己關在房間不出來」...
    這句讓我印象頗深...
    即使彼此再怎麼無視他人眼光,實質上仍很不對等的1對情侶啊...

    那個篠塚的公寓~也是很深沉的很多東西可以探討...@@
    篠塚自己形容~名為自由的牢獄...
    想要讓慎悟活在「普通、自在的日常生活」
    但為了阻擋&預防各種跟蹤/監視/暗殺/突擊等
    其實所有鄰居&管理員等~全部都是UB的人...

    慎悟不想當小白臉~想說至少去鑽自己的生活費~
    可是只要慎悟外出打工,就至少會安插1個(以上)UB的人過去...
    (畢竟敵方也常常安插間諜到慎悟身邊~以便蒐集9號與 UB的情報...)

    到底是因為慎悟是累贅?
    還是篠崎的不正當工作 才是打亂正常人生活的罪惡禍源?
    打工的收入完全比不上單純保鑣的薪水這點很謎(XD!?)
    但也不可能讓慎悟以高中男生的年紀(隨著集數發展~年紀慢慢地超過惹@@)
    就像安養院甚至精神病患那樣~完全受到保護/監禁的足不出戶...

    在主角=9號=篠塚快樂的(?)展現帥氣~充滿自信地為世界和平奮鬥
    每日每月每年都過著充實緊密的生活中~
    慎悟倒確實的被炸掉了整個人生與未來...
    「不敢想像未來」~從第1部2人復合(?)後,這個問題就無解惹...



    慎悟也知道篠塚對於這樣情況也痛心~
    篠塚也確實一開始試著自己消失(實質裝死www)
    但慎悟則變成全職跟蹤狂XD;;;
    (慎悟生氣的對篠塚說~我們現在在1起~是我努力的禮物!
     這點又帥氣又中肯XDD 說得真棒XD!
     明白指出篠塚~你根本一開始就放棄了!XD)

    之後也試著在路上&外面都假裝不認識~
    但篠塚也說~這樣太不自然了,根本無法長久~
    (實測就是那個雪國小木屋&咖啡店打工~)

    但~第2部的現在,2人試著休閒自然地散步聊天
    散步聊天而已喔!(平常篠塚的打扮都像男生~)
    19號等人又有意見了~說讓大家開始懷疑2人的關係,會被盯上云云...

    哈哈~這就是所謂的走投無路吧~~~~

  • 9の直属の部下達は気苦労が絶えないだろうなぁ… 9と慎悟が付き合っていく限りは部下達は大変なんだね。
    9と慎悟の愛の重さとUBと煌龍の凄さを感じながら、「ミッション・ブルー」は完結。
    再び登場するであろう煌龍のボスの今後の活躍に期待。

  • 大人買い。
    続きも買っている。

    天地、とも合わせて、ツボおさえられてしまった。

  • 前作から大好きなマンガですv

  • 登録忘れ。
    おもしろかった、おもしろかったけどさ・・・
    終わったけど終わってない(笑)
    覚悟と絆が強くなって、ってことで。

  • 2010年6月24日(木)に読んだ。

  • 最終巻?とおもいきやまだ続きそうねw

  • 結局いつもどおりな感じでおわってしまった…という最終巻。
    まだ続くの、これは?(苦笑。

    確かに面白いのだけど、ちょっとマンネリ化しているのも事実なので、ちょっと別ベクトルにして欲しい気もします。
    いや面白いは面白いのです。はい。

  • やっと「試練の冬」完結!物語りも完結らしい。
    旧シリーズとMBの新シリーズの違いがよくわからなかったけど、新シリーズは「ムサシと慎吾」の間柄に重点を置いていたのかな。慎吾と出会う前のムサシ(中学生)もあったけど。

    やっぱムサシ無敵だわ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

愛知教育大学教授 京都大學大学院博士終了。「外国語教育の教授法の理論に基づいた実践」をテーマに、両方の理論と実践の両方の視点を持って研究をしている。主な著書『これからの小学校英語教育の発展』(2011 アプリコット出版)『Hello Kids!Book1/2』(2009開隆堂出版)』『「読むこと」「書くこと」を統合的に指導する小学校英語教育のプログラム開発 (研究執筆中)』

「2016年 『くもんの シールでワーク 英語絵じてん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

9番目のムサシミッション・ブルー 8 (ボニータコミックス)のその他の作品

高橋美由紀の作品

ツイートする