薔薇王の葬列 9 (プリンセスコミックス)

著者 : 菅野文
  • 秋田書店 (2018年1月16日発売)
3.93
  • (3)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :83
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253271899

薔薇王の葬列 9 (プリンセスコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前から好きだったけど、ケイツビー・・・!!
    初めて口にしたね・・・!
    その報われない一途さが切ない~~~

    薔薇王のキャラは目力があるな~っていつも思います。
    表紙もすごくインパクト大。

  • 面白い。ふたなりは「悪魔の子」と忌み嫌われるのか。ケイツビーはリチャードを守れるのか。ティレルって誰だっけ…で終わった。

  • 誰も彼も心がすれ違っている印象の巻。

    宮廷は異様な空気の中、着実に悲劇が重なっていく。もっと他の方法はなかったのかと思わずにはいられない。リチャードの魔性の美しさは、知らず知らずのうちに周りの人間を狂わせているんだろうな。

    バッキンガムはリチャードの秘密に気付くか?ケイツビーの決して叶うことのない一途さが悲しい…

  • リチャードの誘惑モードの時の唇が艶っぽい。
    ヘンリー、少し欲張りになれたのかな。
    バッキンガムにリチャードのからだの秘密が知られるときが来るのが楽しみ。
    どんな風に知られるのか。
    当面はないとが増えたから大丈夫そうだけど。

    次兄は可哀想だったな。
    長兄も色に溺れすぎで。

    リチャードの安逸はどこにあるのだろう。

全4件中 1 - 4件を表示

薔薇王の葬列 9 (プリンセスコミックス)のその他の作品

菅野文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

薔薇王の葬列 9 (プリンセスコミックス)はこんなマンガです

薔薇王の葬列 9 (プリンセスコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする