後宮デイズ~七星国物語~(8)(プリンセス・コミックス)

著者 :
  • 秋田書店
3.68
  • (3)
  • (11)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253272223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怒涛の展開で面白すぎる〜
    あとはラストまで駆け抜けるのかな?最後まで用意してから読もう

  • 七星国で反乱が起き、皇帝親征のため、流星と翡翠は離れ離れになってしまう。
    実の兄と知った今もなお皇帝(影武者?)への恋情を棄てきれない翡翠。
    だが、本当の「敵」は意外な場所―身近にいた。
    皇帝の信頼も厚い側近の棕櫚が翡翠を捕らえて亡き者にしようとする!?
    ―憎まれても良い。あの方が私のことを永遠に心に留め置いて下さるなら。
    棕櫚は同性でありながら、ひそかに幼馴染みでもある皇帝のことを恋い慕っていた?

    翡翠の命が危ない。
    皇帝への歪んだ恋情と忠誠心を持つ棕櫚に翡翠が殺されかけ―。

    以上があらすじ。完全にネタバレなので、ご注意を。
    棕櫚さんって、アブナイ人だったんですね―汗
    まるで私の好きな「ソー○ャ」文庫みたいな展開に眼がテンになりました。
    でも、本当に流星と翡翠が兄妹なのかしら、、、
    後で購入した完結巻には「ついに翡翠が流星の妃となる」とありますので、恐らく違うと思う―笑
    これからの展開がますます楽しみです。

  • 物語が加速してきて面白いですね。
    このピンチ、どう乗り切るのか。
    目が離せません。

  • 柘榴の手を翡翠は取らず、式典をきっかけについに国が動く。嵐の始まり。棕櫚やばいwホモだホモだとは思ってたけど、まさかここまでこじらせてたとは…w翡翠を殺して流星に恨まれてもむしろ本望ですか、そうですか( ˘ω˘ )ヤンデレこわいw

  • はらはらの展開。早く続きが読みたい!

  • 棕櫚の屈折した感じが爆発しはじめる!

  • 流星と翡翠が兄妹だったということが明らかになったばっかりなのに、そっち方面への話にはならず、きな臭いお話の方に突き進んできました。

    あのかっこいい翡翠はどこへ?っていうくらい、うちひしがれている翡翠の姿ばっかりで、ちょっと残念。

    翡翠に求婚してきた柘榴も敵方に付いてますけど、こっちはなんか思惑が別にありそうで、スパイになってる感じがしました。

    棕櫚が翡翠を消そうとする中、一生懸命に身体のつながりはないと説明する翡翠。ここはあったと見せかけていた方がいいのに。。。って思っていたら、案の定。心置きなく殺せると言われちゃいました。まあ、実際は殺すことはないのだと思いますけど、続き気になります。

    翡翠を探す豚と日雀の競争は、この暗い巻の中で、唯一笑いが出たところです。

  • カッコいい翡翠がめっちゃ冴えない巻だったけれど、棕櫚が真っ黒で話的には最高だった(マテ)。
    棕櫚は彼なりに理由があるきがするけど。この話ってみんな悪い人のようにみえて。本当に悪い人なのはごく一部だからこの先に救いが来るとは思うけれども。
    しかしながら棕櫚の言葉を冷静に見ると、翡翠は流星の妹だけれど、本当は黄道の兄弟っていう事が読めるなぁ、と。じゃないとどっちかの子供がいる可能性を聞くはずがないじゃんよ、って。
    まぁそうであれば読者も安泰。状況はちっとも安泰ではないけれど。

  • うわぁいろいろと最悪なことだらけの巻じゃないですかぁ!!
    もういろいろ絶体絶命!!
    棕櫚って、そういうことなんですか?
    あーなんか、暗い巻だった。
    気持ちも重いまま終わってしまった。
    もうこの展開を脱してすっきりしたい。
    9巻はやく出してください。
    流星と翡翠の甘い展開はもう望めないのか?
    この先どんな展開にもっていくのだろう。
    あーつらい。

全10件中 1 - 10件を表示

後宮デイズ~七星国物語~(8)(プリンセス・コミックス)のその他の作品

すももももの作品

ツイートする