超辛口先生の赤ペン俳句教室

著者 :
  • 朝日出版社
3.83
  • (10)
  • (15)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255008097

作品紹介・あらすじ

話題のバラエティ番組『プレバト!!』(MBS・TBS系/木曜よる7時~)で大好評の俳句コーナーをまるごと1冊に!
夏井いつき先生が、人気芸能人62人が詠む俳句を一刀両断!
美しい兼題写真と添削をオールカラーで完全ヴィジュアル化!
初めての人でも俳句がうまくなる、やさしく、楽しい入門書!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 俳句の基本的なルールが
    するするっと身につく、
    大変わかりやすい『入門書』

    掲載された写真を見て、
    芸能人がどんな句詠んだか?
    そしてその句を夏井先生が
    どう添削したか?
    が、問いになっている。

    同じ景色を見て
    同じ人間が抱く思いに、
    それほど違いがあるとは思えないからこそ、
    ひねり出される
    『俳句』は興味深い。

    発想の吹き溜まった句が多くて当然のはずだが、
    これをざばざばっと切り、貼り、繋げて
    誰もが「おおぉ~♪」と、感嘆の声をあげるほどの
    秀句に変えてしまう美技は
    見ていて惚れ惚れしてしまう♪

    最終章の
    プレバト秀句集で目にした又吉さんの句には
    (俳句も上達すると、
    こんな目で景色を見れる様になるのか♪)
    と、ワクワクさせる煌きがあった。

  • 序章 はじめの一歩を踏み出すために
    第1章 季語は1句に一つ?―季重なり
    第2章 「発想の吹き溜まり」を抜け出すには?―類想類句
    第3章 「言葉の無駄遣い」って何?―言葉の節約
    第4章 「こころ」と「ことば」に隙間あり?―伝わる俳句
    第5章 「発想を活かす」ための小さなコツとは?
    第6章 プレバト俳句を味わう―印象的な一句とは
    あとがき

  • 人気テレビ番組「プレバト」そのままを本にしたもの。夏井先生の辛口指導が見ているようにわかる。

  • 切れ字「や」はすぐ上の言葉を強く詠嘆すると共に「切れ」を生じさせ、カットを切り替える働きも持つ。一句に一つが定石。説明臭さのない動詞を使う。助詞は語と語の関係を示したり微妙なニュアンスを添える。季語を主役にする工夫も。季語に映像を持たせる。俳句を作るには、①まず、季語とは関係のない12音のフレーズを作る。② ①のフレーズの気分に似合った季語を探す。③12音のフレーズに季語は入れない。④12音のフレーズが楽しそうなら楽しい気分の季語を、悲しそうなら悲しい気分の季語を選ぶ。

  • ネット書店での購入だったので、イメージしていたものとは異なっていたけれど、内容としては満足。

    文字一つで句の持つ感情や情景表現が変わってゆくプロセスが楽しい。

    感情を直接散文的に表現するのでは無く、読む者にビジュアルイメージを与え、化学反応を引き起こして起爆させる。これが俳句の醍醐味なんだろう。

  • かなり良さそうな印象だったけど、時間がなくってさっとしか読めなかった。あとでまた借りること。

  • プレバトファンなので楽しく読んだ。
    TV見てなくても、てかTVよりも実際に作るなら解り易い。

  • さくっと読了。
    だいだいの句が添削前の方が好きだった。

  • "初心者"になる前の入り口用というような位置づけらしく、確かに難しいことは書いていないけどちゃんと役に立つ、かつおもしろい。

  • 基本はテレビの内容なんですが、ポイントはクイズ形式になっているところ。「次の句の季語はなんでしょう」って、テレビを見ていたのに答えられなかったりする。それから、Q&Aが初心者には役に立ちます。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

夏井いつき
昭和32年生。松山市在住。俳句集団「いつき組」組長、藍生俳句会会員。俳都松山大使。第8回俳壇賞。俳句甲子園創設に携わる。松山市「俳句ポスト365」等選者。『プレバト!!』(MBS/TBS系)等テレビ出演のほか、新聞、雑誌、ラジオで活躍中。著書に『超辛口先生の赤ペン俳句教室』、句集『伊月集 龍』(小社刊)、『夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業』(PHP研究所)、『「月」の歳時記』(世界文化社)等多数。

「2018年 『夏井いつきの おウチde俳句』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夏井いつきの作品

超辛口先生の赤ペン俳句教室を本棚に登録しているひと

ツイートする