まだまだ知らない 夢の本屋ガイド

制作 : 花田 菜々子  北田 博充  綾女 欣伸 
  • 朝日出版社
3.39
  • (6)
  • (8)
  • (11)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 276
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255009636

作品紹介・あらすじ

まだどこにも紹介されたことのない
日本全国のおもしろい本屋22店を
現役の書店員22名が文章で案内。

【執筆者(紹介者)一覧】
月蝕書店 東京都豊島区……小国貴司 BOOKS青いカバ(東京都)
プックス高円寺 東京都杉並区……長谷川朗 ヴィレッジヴァンガード下北沢店(東京都)
GOKUCHU BOOKS 兵庫県神戸市……北田博充 東京都内書店(東京都)
島の本屋 沖縄県八重山郡竹富町……宮里綾羽 宮里小書店(沖縄県)
HOLE 東京都世田谷区……内沼晋太郎 本屋B&B(東京都)
 夢の編集 インペリアルプレス……綾女欣伸 朝日出版社(東京都)
アトム書房 東京都千代田区……森岡督行 森岡書店(東京都) 
河谷家書店 東京都品川区……花本武 BOOKSルーエ(東京都)
本屋列車「おくのほそ道号」 東京都足立区~岐阜県大垣市……前野久美子 book cafe火星の庭(宮城県)
本屋の奥の秘密の本屋 愛知県名古屋市……熊谷由佳 丸善名古屋本店(愛知県)
 夢の営業 アツアツ・バーニング……渡辺佑一 ミシマ社(東京都)
STREET BOOKS 大阪府大阪市……森川佳美 スタンダードブックストア心斎橋(大阪府)
小川文照堂 東京都渋谷区……山下賢二 ホホホ座(京都府)
小林書店 東京都豊島区……阿久津隆 fuzkue(東京都) 
陽明書房 東京都新宿区……鈴木毅 進駸堂中久喜本店(栃木県)
忍者屋敷カフェ 伊藤書店 三重県伊賀市……花田菜々子 パン屋の本屋(東京都)  
 夢の取次 ギタイ化する本……有地和毅 日本出版販売(東京都) 
アイランドブックストア 東京都諸島……竹田信弥 双子のライオン堂(東京都)  
BUNSHIMURA! 兵庫県西宮市……坂上友紀 本は人生のおやつです!!(大阪府)
書肆ボタニカ 千葉県習志野市……山田智裕 文教堂ユーカリが丘店(千葉県)
玉川書店入水店 東京都三鷹市……松本大介 さわや書店フェザン店(岩手県) 
 夢の印刷 印刷物責任法……藤原章次 藤原印刷(長野県)
WOOD STOCK 徳島県三好市……藤井佳之 なタ書(香川県)
書庵 道草 熊本県熊本市……積読書店員ふぃぶりお 熊本県内書店(熊本県)
北光社 新潟県新潟市……佐藤雄一 北書店(新潟県)
本屋村 東京都中央区……粕川ゆき いか文庫(所在地不詳)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こんな本屋あったらなぁー。
    こんな本屋あるもんか・・・。
    こんな本屋あっても・・・。

    短かいそんな夢のような本屋さんの話。

    どれも超短編です、当たり外れはありますがおもしろいお話もあり。
    本好きってみんなこだわりあるもんだな、と。

  • 私は愚かなことに、本当にあるお店のことを書いた本だと思って読み始め、ぜひ行きたいと店の名前を検索したりしてしまった。そして、「夢の」ってそういうことか!と現実にはないことに悲しみつつ、やっぱり本屋もの、好きだわと楽しみました。現実にないことにちょっとショックを受け、読む勢いを完全になくしてしまったので、こんな評価になってしまいました。

  • 面白かった!
    各地の書店員さんが、まだ知られていない本屋を紹介するというガイドブック。
    興味深い、ニッチでコアな要望に応えるような個性的な本屋が
    次々と登場する。
    地方にあって簡単には行けないような場所が続いて、
    さあ東京が出てきた、と思ったら、紹介制の高額サービスだったり。
    途中から、疑問がぼんやりと浮かんできて、
    やっぱり、さきに最後の方を開いてしまった。
    実際に書いた書店員さんのプロフィールを眺め、
    そのひとつ前のページに答えが。
    いろいろな方に依頼して書いてもらっているのに、
    文章がバラバラな印象がなく、
    やはり山のように本を読んでいる人は、文才もあるんだなーと感心。
    最初は小説を読むようにキャラクターが変わる、くらいの差しか感じなかったけど、
    忍者カフェから急に言葉が入ってこなくなっちゃって、
    そのあといかにも女性のオタクが書いたような文章が出てきて、
    ぜんぜん受け付けられなくて。
    あーやっぱりそれぞれ違う人が書いてるんだなあ、と納得。
    終盤の高松の本屋の話から、
    またイイ感じに雰囲気のある話が続いてほっとした。
    この本、一章一章をどう並べるか、が一番の肝のだったんじゃないかな。
    お気に入りは「HOLE」と「河谷家書店」
    アイディアが素晴らしいなと思ったのは「GOKUCHU BOOKS」「書庵 道草」
    どの書店も夢がありつつ売れている、のが素晴らしい。
    この本、どんなふうに読まれてるのかなあ、と検索してみたら、
    このうちの一章を書いた方が実際に営まれているお店のHPがヒット。
    fuzukue 本の読める店 http://fuzkue.com
    本当にこういう素敵な店があるんだなあ。行ってみたい。

  • こんな本屋あったらいいな,という夢.河谷家書店のプレート貼ってハイ本屋にはびっくり!おくのほそ道号には乗ってみたいかな.

  • ”誰にも紹介されたことのない、「夢」の本屋さんの数々。どれも魅力的なストーリー。

    <キーフレーズ>

    <きっかけ>
     Twitterで知って、近所の本屋さんでお取り寄せ。”

  • 実際に行けない書店に興味はない

  • (各書店売れている本ベスト3)

  • 本屋さんにいる人には物が書ける人がいるんだ。そりゃそうだ。面白いのも、それなりのも。高円寺って、こういう風に見えてる町なんだなあ。

  • 架空の本屋さんを、全国22名の書店員さんが紹介するという1冊。
    内容はというと、死者のための本屋、忍者屋敷カフェ、予約制本屋など、実際にあったら面白そうだなと思うものや、これは浮世離れし過ぎだろうと思うものもあり多種多様。
    読後は、星新一のショートショートを読んだ時のような、狐につままれた感覚に襲われました。

  • 本屋さんや、本に関わる仕事をしている人達が持ち寄った「夢の本屋」ストーリー。
    読んでいて、どれも本当に今度行ってみようと思えるほどリアルで面白いし、楽しかった~!
    本屋さんたち、すぐにでも作家になれそうだなあなんて思った。

全19件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

まだまだ知らない 夢の本屋ガイドを本棚に登録しているひと

ツイートする
×