小さな家のローラ

  • 朝日出版社
4.19
  • (10)
  • (12)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 192
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255009827

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大好きな「大草原の小さな家」シリーズ、
    この本が出ているのは知っていて、
    なんとなく図書館で借りてみました。

    幼い頃からTVシリーズと本と両方
    せっせと観たり読んだりしてきた人間にとっては
    まぁ、まぁ、色々と言いたいことがある!

    まずは(まず?)、
    「わかりやすい文章に自分なりに訳した
    (原文を損なわない程度に意訳した)」と後書きに
    あるんだけれど、その書き方がなんだか
    偉そうでさ、ぜーんぜん素直に聞けないの。

    この本では父さん、母さんもなんかつっけんどんだし、
    全体として情感に乏しいと思うよ!

    また例えば、「はしばみ」だったのを
    「ヘーゼルナッツ」に変えたりなどして
    得意顔かも知れないけれど、
    「はしばみ」で全然困ってませんから!と、言いたい!!

    あとさ、このシリーズが好きな人が選ぶ、
    好きな話ベスト10に入ってくると思う
    「そうさな、ローラ、とうさんの毛は茶色だよ」
    のエピソード、

    あれを、安野さんは「ローラのお母さんが不用意」と書いている!
    「お父さんの言葉に私は救われた」とな?

    父さんの言葉があるから、このエピソードがあるんでしょーに!
    (物語を読んだことが無いのか貴方は…!)

    これは
    ずっと自分がコンプレックスだと思っていたことが
    大好きな人の一言で急にひっくり返って嬉しくなる、
    と言う話、でしょ!

    私の考えでは、ローラの母さんは
    メアリイの金髪もローラの茶色の髪も
    両方本当に可愛いと思っている、

    またローラが気にしているのもわかっていて、
    「どっちが好きか」とおばさんに質問させて、
    おばさんもきっと両方可愛いと言ってくれると思ってのこと、
    でしょ!

    こんなこと、わたし大昔からちゃーんと読み取ってましたから!

    安野さんは茶色い髪が金髪より劣っていると思っているから
    こういう書き方になるのよ。

    だって、父さんと一緒だよ?良いに決まってるじゃないの。

    なんだかね、
    仲良しで集まって楽しく何かをしていたら、
    急に入ってきた人に「このやり方はおかしい、
    こうした方が効率よく、立派にできるから」とかなんとか言われて、
    すっかりつまんなくなったような感じ!

    心が狭いと言われても良い!

    福音館版&岩波版を読み続けて
    TVシリーズを視聴して、
    長きにわたり愛している人以外、
    ズカズカ入ってこないで!

  • ★★★
    ビッグウッズの森の隅にローラの家はあります。
    家族はお父さんのチャールズ、お母さんのキャロライン、姉のメアリー、そしてまだ赤ちゃんの妹キャリーです。

    小さな家には、みんなで食事をしたり生活するために必要なものを作ったり家族が団欒する大きな部屋と、小さな寝室と、そして冬の間には食料貯蔵庫となる屋根裏部屋があります。

    家畜は、牛のスーキー、冬の食料になる豚、猫のブラックスーザン、そして森の獣を追い払うためのブルドックのジャックがいます。

    お父さんは狩りに出かけ、獲物を高い木に吊るします。
    お母さんは獲物は毛を削ぎ皮を剥ぎ、肉を切り取り燻製にします。メアリーとローラも手伝います。

    メアリーとローラには、布で作った人形が何よりの宝物です。
    人形をもらったら、口が利けなくなるくらいの喜びが溢れます。

    ローラは町を知りません。家が二軒並んでいるところも見たことありません。
    親戚は大きな森のあちら側に住んでいて、お洒落してダンスすることが楽しみです…。
    ★★★

    「大きな森の小さな家」を画家の安野光雅さんが監訳して挿絵を付けた本です。
    「大きな森~」ではローラの物語として人の感情も書かれていましたが、
    こちらではアメリカの開拓者一家の生活を文章と挿絵で丁寧に追うという作りです。
    全てのページのそれぞれ1/3以上に挿絵があります。(安野さんが後書きで「もうこんなに絵のある本は書かないと思います」と言っているくらい/笑)
    狩りの獲物の処理の仕方、銃の玉作りの方法、罠の作り方、刈入れや脱穀の仕方、食べ物の作り方と食べ物、そして当時の日常生活用品が描かれます。
    水彩絵の具の滲みを生かして、簡素ながらも詳細で味のとユーモラスさのある挿絵は、その一つ一つを見るだけでもじっくりと楽しめる実に味わいの深い本です。
    絵も字もじっくり見て当時の生活を連想していくので、子供より大人が楽しめる本かもしれません。

  • 季節の移り変わりのなかで、質素だけれど豊かな暮らし。道具や作業手順の細部がおもしろい。やってみたくなる。

    同時に、ちょうどテレビで「おしん」の再放送を見ていたので、山形の厳しい冬の暮らしを思った。ローラには語れないビッグウッズの暮らしの厳しさもあるのだろう。

    馬車の時代。鉄砲やストーブなどの工業製品は出てくるが石油は出てこないようだった。馬を動力とする脱穀機が出てくる。伝統的なやり方にこだわる保守的な人々とは違い、お父さんはこの効率と品質を支持する。産業革命まであと一歩だ。

  • 季節の移り変わっていく様子。
    季節の流れに逆らわずに、自然の恩恵を受けて暮らしていく様子。
    美しかった。
    生きていくために必要なものはほぼ自分たちで作って、質素に暮らして(質素感は全然ないけれど)、たまに小さな贅沢をして、、、なんか、あったかいなあと思った。
    文章もおだやかでよかった。ほっこりした。

  • 絵本といってもいいほどたくさんの絵が散りばめられていて,読んでも眺めても美しい本です.先に安野氏の展覧会の方で絵を見てましたが,この本の絵の発色がよくできていてすばらしいです.物語は前にも読んでましたが,今回のはとにかく絵が多くて道具類や,暮らしぶりなどが本当によくわかり,楽しい本です.

  • 挿絵が豊富で、絵本のような本でした。

  • 「銃がなければクマに対抗できない」しかしインディアンは銃無しで共存していた。クマは蜂の天敵だから、クマがいなくなれば生態系も変わるだろう、クマの跡をつけて白人がミツバチの蜜を奪うエピソードがある/「母鹿と子鹿は撃たない」はハンターの常識だろう/彼らが白人にトウモロコシを教えた。しかし人口が増えると、過剰栽培で土地を痩せさせる。北米に大型獣はいなかったが、犬はいた。軍隊はもっぱらインディアン討伐のためだった。人口を激減させたのは伝染病と、蒸留酒にともなう貨幣経済で白人並みに「仲間からも盗む」ようになったこと

  • 子どもの頃NHKで観ていた『大草原の小さな家』。
    初めて原作を読んだら、
    30年以上前に観ていたドラマの役者たちの顔で、
    インガルス一家が浮かんできて、微笑んでしまった。

    安野光雅の絵がふんだんに盛り込まれていて、
    文章を侵すことなく世界観を優しく広げている。

    こんなにもアメリカの開拓時代の文化が、
    丁寧に描かれた物語であったとは。

    日々の営みの豊かさ。

  • 安野光雄さんのイラストがふんだんに使われた「大きな森の小さな家」。このシリーズの何がいいって、ディティールだから、それが絵でいろいろと描かれるのは快感。読んでよかった。

  • 子供の頃読んだ大好きな本を、新訳で全ページ安野光雅氏のイラスト入りで読める幸せ。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1867年、アメリカ北部のウィスコンシン州に生まれる。1932年、西部開拓時代の体験をもとにした自伝的小説、『大きな森の小さな家』を発表。『大草原の小さな家』『プラム・クリークの土手で』などとあわせ、「小さな家シリーズ」として世界中で読まれてきた。テレビドラマの「大草原の小さな家」は、このシリーズをもとにしている。1957年、90歳で亡くなる。



「2017年 『小さな家のローラ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ローラ・インガルス・ワイルダーの作品

小さな家のローラを本棚に登録しているひと

ツイートする
×