公の時代 ―― 官民による巨大プロジェクトが相次ぎ、炎上やポリコレが広がる新時代。社会にアートが拡大するにつれ埋没してゆく「アーティスト」と、その先に消えゆく「個」の居場所を、二人の美術家がラディカルに語り合う。

  • 朝日出版社
3.89
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255011356

作品紹介・あらすじ

「アーティスト」が消失した次は、「個」が消える番だ。

復興、オリンピック、芸術祭、都市再開発、表現の自由――
“ブラックボックス化”した大正の前衛アートを手がかりに、
開かれた社会(パブリック)と「個」を探る画期的な公共/芸術論!
津田大介、青木淳、福住廉の三氏も対話に参加。

ウェブ版「美術手帖」での好評連載を全面改訂し、新たな論として更新。
「あいちトリエンナーレ2019」の“公開”検閲・展示中止を受けた対談も急遽追加。

大きなアートフェアや芸術祭に率先して「配置」されるアーティスト、
民営化されて「マジョリティ」しか入れなくなった公園や広場、
「滅私奉公」して作品を社会から閉ざしていく市民のタイムライン……
「みんな」「一般」の名のもとに、トップダウン/ボトムアップ双方から
個人が侵食されていくとき、新しい公共圏と自由をどうつくっていくか?
「個と公」の問題を、アーティストとアートの存在意義をテコにして実践的に考える。


目次:

はじめに 卯城竜太
1. いまアーティスト論を語るということ
2. 「マジョリティ」園の出現
3. 「にんげんレストラン」は生きていてた
4. 公化する個、個化する公
5. 日本現代アートの始祖・望月桂と黒耀会 +福住廉
6. 横井弘三が夢見た理想郷の建設
7. 大正の前衛が開いた個のポテンシャル
8. 「表現の自由」が問われた芸術祭 +津田大介
9. 新しい公共をつくる方法論とは +青木淳
10. アーティストたちよ、表層を揺さぶれ
おわりに 松田修
卯城による「日本の前衛」DIY年表

「近年、『個と公』のバランスが大きく変わるなかで、僕らには、アーティストというつくり手として、言いたいことがたくさんあった。対談内にウザいくらい出てくる『個』『アーティスト』『大正』といったいくつかのキーワードのうち、とくに『公』の使い方は、論として開始当時はガバガバだ。いまから見るとツッコミどころ満載だが、なぜ僕らがそれほどまでに幅広くいろんな集団や容れ物を『公』と呼びたかったのか。それがいったい何を示唆しているのか、だんだんとわかるようになってきたのは、僕らが自らを『私』ではなく、『個』として捉えることにこだわりを持っていると気づいてからだった」(卯城竜太「はじめに」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アートって「なんかよくわかんないもの」を「わかんないまま」見られるところが好きだと思っていたけど、本当はすぐに「わかった」気になってさっさと片づけていただけかもしれない。
    もっと「わかんない」って何日もうんうん悩んで、自分の言葉で「なんで好きなのか」「嫌いなのか」を語れるようになろう。

  • 《卯城 つまり、「公の時代」って言って公の運営側の責任を野党っぽく追求してもなにかどこか的外れな気がするのは、むしろ個のほうから柔軟に思想を変えたり捨てたりできてしまって、積極的に自分の態度を「公化」するからじゃん。(‪⋯‬)やがて全体主義に至る「公の時代」に、当局の公は弾圧の必要を感じたくらいにアートや前衛を恐れたって話も腑に落ちる。そんな一見無害でカスで社会性に欠ける前衛の、いったい何を恐れたのか。その実態こそ、「個」(人主義)という恐るるに足らない小さな力、けれど巨大な公にとってはもっとも自分と相容れない、厄介な可能性だったということでしょ》(p.170-171)

    《卯城 美術史ってのはホント、永遠に未完成なものなんだな、とつくづく思うよ。なのに新人作家までもが「美術は文脈」とか言ってその気になって、いまの目先にある「とりあえず」の美術史のストーリーに合わせて作品をつくったりするでしょ。「公」のための「個」になりきっちゃうのと同じ。乗っかるのはいいけど、同時に疑えよって思う》(p.108)

    《津田 (いまの学生)はLGBTQ+も同性婚も選択的夫婦別姓もOKだけど、モリカケ問題や統計改ざんも公文書隠蔽もOKなんです。厳しい言い方をすれば、自分の身に直接火の粉が降りかかってこない問題については何でもOK。でもそれって「多様性」か?っていう》(p.197)

    《卯城 政治に民主主義がなさすぎな状況なのに、社会には民主主義がありすぎでしょ。公権力は放置したまま社会の一部が過激化して炎上し合ってるなんて。そんな「民主主義暴力団の仁義なき戦い」みたいなボトムでの抗争(笑)》(p.279)

全2件中 1 - 2件を表示

卯城竜太の作品

公の時代 ―― 官民による巨大プロジェクトが相次ぎ、炎上やポリコレが広がる新時代。社会にアートが拡大するにつれ埋没してゆく「アーティスト」と、その先に消えゆく「個」の居場所を、二人の美術家がラディカルに語り合う。を本棚に登録しているひと

ツイートする