Weの市民革命

  • 朝日出版社
3.88
  • (6)
  • (12)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 217
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255012032

作品紹介・あらすじ

アメリカ社会の今、これから。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分がアメリカに住んでいる時は、
    学校生活のことばかりで、アメリカの政治や経済について
    全く何も「知ろう」としなかったことが今思えばすごく恥ずかしい。
    税金を支払って、住んでいるわけだから
    今自分が住んでいる国の最低限のことは知っておかないと。
    アメリカから見た日本、や
    おそらくきっとこれから日本も同じようなことが起きるんじゃないかって
    少し先に起こりそうなことを知ることができる。
    政治的なことや思想は人それぞれだから
    いろんなことを知った上で最終的に自分の意見を持っておけばいいんだと思う。

  • 佐久間裕美子氏の価値観や宣言に触れて、こんにちは未来で言ってた散り散りのはなしがまとまって理解できた感じで、非常に良かった。アメリカの事を知る、という目的も十分で、ただそれ以上に、どういう観点で物事を捉えているのか・気になったことをある程度ちゃんと調べて自分の中での位置付けを定めること、のような、生き方っぽいのが知れて良かった。
    当たり前だが、さすが文筆家という感じで、硬さと緩さが適度な文体で、一気読みできた。

  • アメリカでは少しずつ、「パーパスドリブン」な企業、長期的な持続性を重視する考え方が浸透しつつあるという内容があったが、日本では少なくとも自分の見える範囲ではこのような企業はかなり少ないような気がするが、アメリカの動きに倣ってこれから増えてくるのだろうか?

    最後の章の、自分の生活の中でのサステイナビリティというところでは、サステイナブルのタグが付いている商品が本当にそうとは限らない、また、マーケティングに利用しているだけかもしれない。こんな時代に何を買えばいいのかわからない。そのジレンマに対する筆者の答えは、一つ一つの取引を考えながら行うこと、と言うのは納得した。

  • アメリカを中心地としつつも,世界各地で自律的に,分散的に,そしてインターネットをつうじ時に協調的に進行している市民による「革命」について,当事者目線で(というか我々はみな当事者なのだが)その政治,経済,コミュニティ等の背景を踏まえてコンパクトにまとめた好著.

  • 書かれている内容については理解と共感ができなかったです。

  • まさに時代が動いているのだと実感させられる。本書の目次にある、『消費はアクティビズムになった』『コロナが前進させた社会のシフト』『自分ごとのサステイナビリティ』は、日々何となく感じていた変化を筆者独自の切り口で、わかりやすく紹介してくれている。最後に、筆者がこう述べている。『革命は起きるものではない。私たちが起こすものなのだ』
    山口周さんの著書ビジネスの未来の最後のくだりとリンクしていると感じた。

  • 「ビジネスの未来」に書かれていたことの事例集という印象。途中でバーっと読み飛ばしてしまった。

  • 現職の大統領が狂信的な支持者をそそのかして議事堂になだれ込ませ、それをパーティーミュージックが流れる場所から画面越しに眺める。暴徒たちの浮かれた調子が闇を際立たせてちっとも現実味がない。こんなことが起きるのは、せいぜいゴッサムシティくらいのものだと思っていた。

    よく映画のクライマックスで、正義の鉄槌を喰らった悪党が断末魔の叫びとともに化けの皮を剥がし、醜い獣の姿をさらしてのたうち回るシーンがある。対岸の大騒動はもとより、今まで通りの嘘やごまかしでは太刀打ちできないウイルスの猛攻に、あっけなく無能さをさらすこの国の舵取り役の醜態も、政治の世界が正気を取り戻す過程なのだと信じたい。

    年末の一冊には佐久間裕美子さんの本を選んだ。歪んだ現実に踏み潰されることなく芽生えている新しい価値観や、見据えるべき心地良い生活にスッと焦点が合う。いくら待ってもこの世界線にバットマンは現れない。未来は、私たち(We)が何を選ぶかで決まっていくのだ。

  • NDC(9版) 302.53 : 政治・経済・社会・文化事情

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

文筆家。1973年生まれ。慶應義塾大学卒業、イェール大学大学院修士課程修了。1996年に渡米し、1998年よりニューヨーク在住。出版社、通信社などでの勤務を経て2003年に独立。カルチャー、ファッションから政治、社会問題まで幅広いジャンルで、インタビュー記事、ルポ、紀行文などを執筆する。著書に『真面目にマリファナの話をしよう』(文藝春秋)、『My Little New York Times』(NUMABOOKS)、『ピンヒールははかない』(幻冬舎)、『ヒップな生活革命』(朝日出版社)、翻訳書に『テロリストの息子』(朝日出版社)。ポッドキャスト「こんにちは未来」(若林恵と。黒鳥社より3冊書籍化)、「もしもし世界」(eriと)の配信や『Sakumag Zine』(これまでに3冊)の発行、ニュースレター「Sakumag」の発信といった活動も続けている。

「2020年 『Weの市民革命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐久間裕美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パオロ・ジョルダ...
チョン・イヒョン
佐久間裕美子
カルメン・マリア...
宇佐見りん
ケイン 樹里安
グレイソン・ペリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

Weの市民革命を本棚に登録しているひと

ツイートする
×