元祖大四畳半大物語 (2) (L.Matsumoto best selections)

著者 :
  • 朝日ソノラマ
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784257720515

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 松本先生自身は、少年誌向けにキバ抜いたかたちの『おいどん』よりこっちのエロマンガの方に愛着があるかもしれんね。

  • 案外、このマンネリがずーっと続くというのは、残酷なことなのかもしれません。
    自分の若さがそのままなら、それでもいいかとも思うのだが、そんなことはありえないし……。

    「どんな男にもたまにはあるべき酒池肉林」。名言です。
    そして、祭りの後の孤独の厳しさまでかいてしまうのは、やっぱり、松本 零士のすごさだなぁと思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1938年、福岡県生まれ。マンガ家。1953年に「蜜蜂の冒険」でマンガ家デビュー。以来、少女マンガ、動物マンガを経て、少年マンガ、戦場マンガ、SFマンガなど多彩なジャンルの作品を発表する。いまも現役の日本を代表するマンガ家の一人。著者『男おいどん』『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』『宇宙海賊キャプテンハーロック』など多数。

「2018年 『零士のメカゾーン 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本零士の作品

元祖大四畳半大物語 (2) (L.Matsumoto best selections)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×