D-妖殺行―吸血鬼ハンター〈3〉 (ソノラマ文庫 310)

著者 :
制作 : 天野 喜孝 
  • 朝日ソノラマ
3.46
  • (7)
  • (9)
  • (31)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784257763109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吸血鬼ハンターDシリーズ3作目。

  • 2007.09.16
    貴族と人間の恋

  • 映画化されたことで脚光を浴びた、シリーズ第三作。この辺りからDは非情なハンターであり、無口で、しかし美しいというスタイルを確立する。<BR>
    この作品はもう、最後のレイラの言葉を読むためにこそ読む本。マーカス兄妹の能力自体は菊池作品ではクセの少ない方で、読む人を選ばないマイルドさであることは、少し物足りないか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

菊地秀行の作品

ツイートする