ミドリノツキ 中 (ソノラマ文庫 い 7-5)

著者 :
  • 朝日ソノラマ
3.24
  • (2)
  • (4)
  • (18)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 60
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784257769415

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 界児に呼び出されて、尚顕は再び国立博物館へとやってきた。そこで尚顕を待っていたのは界児とミリセント--そして見知らぬ一人の女性。尚顕の登場になぜか不機嫌になるミリセントをよそに、界児は「ミリセントを匿ってほしい」と尚顕に助けを求める。どうやらミリセントの身に、何か危険が迫っているらしい。尚顕に頼ることをぐずっていたミリセントも最後には折れ、尚顕の家に身を隠すことに決まった--その時、彼らの前にタワーバードが現れた!?

    カバー・本文イラスト / 小菅 久実
    カバーデザイン / 渡辺 恭子

  • 2巻目は、走り抜けているという感じです。
    おもしろい!!

    わたしは、基本的に感情移入で物語を読んでいます。でも、ミリセントも、尚顕も、好きなタイプではないのに。
    啓二の使い方も、ベタベタなのに。
    いいキャラクター、一杯いるのに、使え切れていないのに。
    でも、このおもしろさ。凄い。
    青春、だからか?

    どうやら、先住民族も、2つのグループで対立していたようです。
    一気に、たたみかけるように、ラストにつながるといいなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

岩本隆雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×