柳生真吾のガーデニングはじめの一歩

著者 :
  • 家の光協会
4.00
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784259562007

作品紹介・あらすじ

園芸は知識じゃない。やってみようかなという気持ちさえあれば、だいじょうぶ!NHK「趣味の園芸」でも人気の著者による、園芸本来の喜びに満ちた、楽しくわかる入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これからガーデニングをはじめたい、でも丸っきりの初心者だし…と思って図書館で借りた本。あまりマニュアルにとらわれず、肩の力を抜いて、花を楽しみたいという気持ちを後押ししてくれます。ビギナーにはがっつり園芸書から入るよりも馴染みやすいかもしれないですね!

  •  NHK、趣味の園芸に出演されている柳生真吾さんのガーデニング本。

     この本は、初心者の中の初心者に向けて、まだやったことないけどやってみようかなと思った人が読むのによいと思います。
     柳生真吾さんのガーデニングで、オイラが好きなのは、70点でいいんだよって言ってくれるところ。
     日の当たるところがいいのか、温度は、水やりの頻度は、など細かいことは後でもいいから、まず花を育てるのを楽しんでみようよ。そんな緩い感じのスタンスがいいです。

     肩肘張ってこまめにやらなきゃと義務のように思っていると、つまらなくなりますよね。自分の好きな花を、植えてみようよ。と、後押ししてくれる気がします。

     この本で紹介されている土、「真吾ブレンド」はあまりに簡単すぎて目から鱗。こんなんでいいんだ(ΦωΦ)

     まずは、なんとなく散歩して、よその庭で気に入った花を見つけてみよう、それからガーデニングを始めても遅くない(・∀・)

  • 以下のページにて紹介しております。

    http://zoo08.blog.so-net.ne.jp/2012-09-05

    個人的には判りやすい好きな本です。

  • 「ガーデニング心得帖」ですね。ほぼ文字のみの読む本です。
    でも明朗簡潔で読みやすく判り易く、為になりました♪
    これは初心者のみならず、漠然と「なんとなーく」やってる人にも
    一度目を通す事で、自分の中の認識を再確認できる効果があると思います。
    園芸植物に対する心構え(気持ち)の基礎を作ってくれますね。

  • わかりやすいです。

  •  NHK「趣味の園芸」で人気の、あの柳生サンの、楽しくわかる入門書です。
    「園芸は知識じゃない。やってみようかなという気持ちさえあれば、だいじょうぶ」。なんて心に響く呼びかけでしょう。
     原則的に1つのテーマが見開き2ページにまとめられています。59テーマ、知りたいことがすぐわかります。やってみたくなります。(H)

全6件中 1 - 6件を表示

柳生真吾の作品

柳生真吾のガーデニングはじめの一歩はこんな本です

ツイートする