ひとつの生地でできる プレッツェル&ベーグル

著者 :
  • 家の光協会
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784259563523

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1つの生地ということで最初に1回説明し、その応用で作るとある。
    いちいち前のページに戻って・・作っているところにも出して、、、は正直面倒だ。

    べーぐるはドーナッツ型にしなくってもいろいろできる参考になった。
    中力粉のベーグルはあまり好きじゃないけどね。

  • たしかにベーグルもぷれっちぇるもリーンな生地だしおんなじで行けそう。後で作ってみるべし どれくらいちゃんとしてるか不明
    そこそこ甘めの生地で結構発酵させるレシピなので、予想していた硬さ重さよりも普通のパン寄りというか、一般向けというか。これで発酵抑えたらそれらしくなるか。

  • 強力粉と薄力粉のミックスなのでがっつりベーグルが好きな人には柔らかすぎるかも。でも簡単なレシピで失敗なくできた。アレンジも簡単で美味しそう。プレッツェルはこれからだけど、重曹買わなくちゃ、掃除用ではさすがにまずいかしら…

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

石澤 清美 Kiyomi Ishizawa

料理研究家。国際中医師、国際中医薬膳師、ハーバルセラピスト。雑誌、書籍、テレビなどで活躍するほか、食品会社の商品開発なども手がけている。毎日のおかずから、保存食、お菓子やパンまでレパートリーは幅広く、豊富なアイディアから生まれた作りやすいレシピが魅力。
近著に『ちょっと不調を感じたときのスープとドリンク』(誠文堂新光社)、『寒天レシピ』(主婦の友社)、『小さな鍋で絶品おかず』(家の光協会)、『糖質オフの持ち歩き菓子』(主婦の友社)、『知識ゼロからの甘酒入門』(幻冬舎)など多数。

HP https://www.kiyomi-ishizawa.com

「2019年 『【マイナビ文庫】野菜のポタージュ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石澤清美の作品

ツイートする