香り豊かな茶葉でおいしい至福のスイーツ: 紅茶・抹茶・ほうじ茶・煎茶・中国茶

著者 :
  • 家の光協会
4.33
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784259566678

作品紹介・あらすじ

「紅茶」「抹茶」「ほうじ茶・煎茶」「中国茶」の4つのテーマ別に、人気の菓子研究家4人が、茶葉の個性と香りを生かしたお菓子を紹介。
坂田阿希子さんの紅茶とりんごのタタン風パウンドケーキ、飯塚有紀子さんの抹茶のテリーヌ、小堀紀代美さんのほうじ茶のフルーツマフィン、ムラヨシマサユキさんの鉄観音のチーズケーキなど、茶葉とお菓子の組み合わせ&使い方が絶妙なレシピがたくさん登場します。
茶葉をすりつぶしたり、煮だしたり、砂糖と混ぜ合わせたり、香りと風味を引き出す様々なアイデアはさすがの一言!
飲むだけではもったいない。新しい茶葉の魅力に出会えます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 未来のレストランへ 14 トライ&エラーで見えた未来の営業モデル、週末レストラン 東京・代官山「クチブエ」 坂田阿希子さん | The Cuisine Press
    https://r-tsushin.com/feature/movement/mirainorestaurant_kuchibue.html

    詳細|書籍|一般社団法人家の光協会
    http://www.ienohikari.net/book/9784259566678

  • わりと簡単にできるメニューばかりで、ワクワクする。
    レシピを読んでいるだけで茶葉の香りが漂ってくるようで、よだれが…(笑)

  • 596-S
    閲覧

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

坂田 阿希子(さかた・あきこ):新潟県生まれ。出版社勤務後、パティスリーやフレンチレストランで修業したのち、30代で料理家として独立。2019年に「洋食KUCHIBUE」、2022年に「BONJOUR KUCHIBUE」をオープン。手間を惜しまない手順や細かいこだわりに満ちたそのレシピは、ちょっと面倒に思えるかもしれないが、テーブルの人たちを笑顔に誘う、ただものではない美味しさを約束してくれる。『オードブル教本』(東京書籍)、『家で揚げるともっとおいしい』(リトル・モア)、『SPOON』(グラフィック社)、『このひと皿で五感がめざめる、パワースープ』『レストランB レシピブック』(文化出版局)などの著書多数。

「2024年 『わたしの料理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂田阿希子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×