トーク認知症―臨床と病理 (神経心理学コレクション)

  • 医学書院
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260003360

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一度見たら忘れられない。ちらつく・・・レビー小体。うう。
    内容が、私のような素人でも読み進められるようにシンプルかつ理解しやすいレイアウトなども配慮されてあって。
    何より「トーク認知症」というだけあって文章はすべてトーク形式で横書きされているのだけども、その現場での会話の熱がある感じ、が伝わってくるような。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1939年、三重県生まれ。金沢大学医学部卒業。名古屋大学医学部精神医学教室講師、東京都精神医学総合研究所主任研究員、横浜市立大学医学部精神医学教室教授、横浜ほうゆう病院院長などを経て、現在、メディカルケアコートクリニック院長。横浜市立大学名誉教授。専門は認知症の臨床と脳病理の研究。「レビー小体型認知症」の発見者として世界的に知られている。レビー小体型認知症研究会の代表世話人、レビー小体型認知症家族を支える会顧問を務めるなど、日本の認知症医療と家族のサポートを牽引。認知症関連の著作多数。講演なども行いながら、認知症の啓蒙活動に努めている。2013年度「朝日賞」受賞。

「2014年 『レビー小体型認知症がよくわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小阪憲司の作品

トーク認知症―臨床と病理 (神経心理学コレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする