在宅ケアの不思議な力

著者 :
  • 医学書院
4.14
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260010474

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 在宅看護の意義ってのはやっぱり家で看取れるってことなんかな〜

  • 秋山正子さんが在宅医療を始める前のことから始めてからのことが書かれている。印象的だったのは、在宅医療は道路が廊下で家が病室と言われるけど、家が病室ではダメなんだよなぁと感じている点。地域の連携が在宅医療に必須で、その時によく例えられることなんだけど、秋山さんはその先を見つめているのかなぁと思った次第。

  • 在宅ケア第一人者の筆者が在宅ケアに関わるようになったきっかけや在宅ケアを通じたエピソードが書かれている。
    マギーズセンターはがん患者の相談窓口。

  • 配架場所:2階閲覧室 WY 115/2010

  • 訪問看護を行ってきた著者の在宅ケアへの思いがつまった手記。
    今までの経験のお話などを通して、在宅のお話だけでなく、救急車を呼ぶことはどうゆうことなのかも事例から問いかけられた。
    患者だけでなく、家族に対するケアも大事であることを改めて学んだ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

白十字訪問看護ステーション代表

「2016年 『食料消滅!?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山正子の作品

ツイートする
×