ケアする人も楽になる 認知行動療法入門 BOOK1

著者 :
  • 医学書院
4.26
  • (21)
  • (17)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260012454

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「生きていれば、何らかの問題が生じるものだ。問題があること自体を受け入れよう」

    この言葉だけでも十分に救いになる。
    私は気分が落ちたとき、私が悪いから、問題が起きるのだと自分を責めがちだ。

    だからダメなんだ。私なんて…。それに加えて、将来にわたっての最悪のシナリオを妄想してしまい、体は硬直し、息遣いも浅くなる。ダメだ。ダメだ、私。

    誰にとっても、思い通りにならないこと、意のままにならないことは日常茶飯事。本当は大小に関わらず、ストレスと無縁にはなりえない。なのに…。

    本著作で説く認知行動療法はコントロールできない気分感情と、身体反応はさておき、【認知(浮かぶイメージや考え)】と【行動(外から見てわかる動作や振る舞い)】を変えることにより、ストレスの負荷を軽減して対処していこうという療法である。

    医療者、特にナースに向けてのものだが、説明がとても平易な言葉を用いているので分かりやすい。
    伊藤さんの著作は3作目だが、いずれも救いに溢れている。

    もやもやや、落ち込みは雪だるま式であっという間に巨大化する。、何に悩んでいるのかもはや分からなくなるような状況まで膨らんでしまいがちだ。

    伊藤さんがおっしゃるように、簡単なワークシートを使って、まずは問題を細分化、可視化して、対処していきたい。

  • 行動療法学会に期待すること(伊藤絵美:洗足ストレスコーピング・サポートオフィス)/日本行動療法学会
    http://jabt.umin.ne.jp/j/e-news/serial2/01.html

    医学書院/書籍・電子メディア/ケアする人も楽になる 認知行動療法入門 BOOK1
    https://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=81627

  • 人生の最初と真ん中とでは、感想が違ってきそうな本

  • イラストや図を用いて、わかりやすく読みやすい。
    初心者におすすめ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「初心者におすすめ。」
      タイトルの「ケアする人も楽になる」って良いですね!
      「初心者におすすめ。」
      タイトルの「ケアする人も楽になる」って良いですね!
      2013/06/10
  • まったくの素人が読んでもひとつひとつの説明が丁寧に噛み砕かれていてわかりやすい。自分に対して実際に認知行動療法を試すにあたって、掲載のワークシートをもとにすぐにでも実践できるのがありがたい。

    • panjiroさん
      わかりやすいですよね?福岡の学会で購入しました?著者の方もチラッと見かけました。認知行動療法マスターになるべく頑張ってます。
      わかりやすいですよね?福岡の学会で購入しました?著者の方もチラッと見かけました。認知行動療法マスターになるべく頑張ってます。
      2011/06/05
  • 2020/1/29

  • 思考の癖がネガティブな人は全員読むべし。認知行動療法を実践できるか否かで人生より良く生きれるか否か決まると言っても過言でなさそう。認知行動療法の概要が図解と共に素早く理解できる名著。

    ***
    ・ストレスは無くならない。大事なことは、ストレスと無くすことではなく、ストレスとどう向き合うかということ
    ・心理学的ストレスモデルは、環境(ストレス状況)と個人(ストレス反応)からなる。
    ・認知行動療法の基本モデルでは、ストレス反応は以下の4つに分けられる
    <認知>
    頭の中に浮かぶ考え(言葉)やイメージ(映像)。

    <気分・感情>
    短い言葉で言い表せる、その時々の心の状態のこと

    <身体反応>
    身体に現れるあらゆる生理的な反応のこと

    <行動>
    外側から見てわかる、その人の振る舞いのこと

    ・ストレス状況とストレス反応、そしてストレス反応同士は相互作用している。

    ・階層的認知モデル:認知には、浅い認知(自動思考)と深い認知(価値観・スキーマ)が存在する。

    ・「より良く生きる」ためには、「自分はどのような人間か」を理解することが大事。

    ・アセスメント(ストレス状況とストレス反応を外材化し理会る)

    ・「悪循環に巻き込まれている」場合、その状況を理解していることが、大事。抜け出すには。

    ・コーピング(ストレスに対する意図的な対処のこと)

    ・我々がコーピングできるのは、認知と行動だけ。

    ・認知行動療法とは、ストレスの問題を、認知と行動の側面から自己改善するための考え方と方法の総称。

    ・認知行動療法の進め方は、
    アセスメント、悪循環を生み出す認知と行動を特定、それがどう変われば、悪循環を解消できるか目標設定する、目標達成するためのコーピングを決定、実行と効果検証。

    ・外材化すると、理解できる、距離をおける、客観視できる、から落ち着ける。

  • ワークシートがついているので実践しやすい。あらゆる種類の悩み事を明確に把握できるようになるので対処もしやすい。現代人必携の書ではないか。

  • 整理整頓。頭の中も。

  • わかりやすくてあっという間に読めた。伊藤さんの本は読みやすい。他のも読んでみよう。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長。

「2020年 『こころを使うということ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤絵美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
シーナ・アイエン...
最相 葉月
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

ケアする人も楽になる 認知行動療法入門 BOOK1を本棚に登録しているひと

ツイートする
×