標準臨床検査医学 (Standard textbook)

著者 :
  • 医学書院
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260016001

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • WB141
    前版2006年

    『臨床検査医学の知識を広く深く学べ、十分身につけられる、医学生のためのスタンダードな教科書。臨床検査医学の基本的事項はこの1冊に網羅。さらにAdvanced Studiesをチェックすれば、臨床検査への見識がさらに深まる。 』

    第I編 検体の基礎
    第1章 検体の基礎

    第II編 検体検査
    第2章 検体の採取と保存
    第3章 一般的臨床検査
    第4章 血液学的検査
    第5章 生化学検査
    第6章 免疫学検査
    第7章 微生物学検査
    第8章 病理検査・病理診断
    第9章 輸血検査
    第10章 染色体検査・遺伝子検査

    第III編 生体機能検査
    第11章 呼吸機能検査
    第12章 心機能検査
    第13章 神経学的検査
    第14章 その他の生体機能検査

  • 買いたい気がするけど悩み中。
    心エコーがわかりやすかった

  • 配架:2階閲覧室 QY 4 / 2013

  • 2階書架 : QY004/TAK : 3410155532

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:QY4||H9||(4)
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=173054

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

昭和大学副学長・特任教授。1976年昭和大学医学部卒業。1980年同大学大学院修了後、同大学医学部臨床病理学教室医局長、講師、助教授、医学教育推進室教授などを経て現職。専門は臨床病理全般、臨床化学、血液検査。

「2020年 『五訂版 病院で受ける検査がわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高木康の作品

ツイートする
×