当事者研究の研究 (シリーズ ケアをひらく)

  • 医学書院 (2013年1月31日発売)
3.88
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :98
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260017732

当事者研究の研究 (シリーズ ケアをひらく)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょこっと読んでみた。
    読んでいて、うんうんと思ったところ。

    マイノリティがつながりを得ていくプロセス
    1、マイノリティの意識を持たず、社会に過剰適応していこうとする時期
    2、仲間と出会い連帯する時期
    3、多様性を認めながら連帯する時期

  • 岐阜県図書館のページ
    https://www.library.pref.gifu.lg.jp/cgi-bin/Sopcsvis.sh?p_mode=1&kgrn=0&tso=on&idx=1&g_mode=0&ksno=20470389
    書評掲載紙:13/03/17 東京/中日新聞

  • 当事者研究のメリットを主張した論集をあつめただけで、当事者研究そのものの研究、ではないように思う

  • 2階書架 : WY087/ISH : 3410155541

全6件中 1 - 6件を表示

綾屋紗月の作品

当事者研究の研究 (シリーズ ケアをひらく)はこんな本です

当事者研究の研究 (シリーズ ケアをひらく)を本棚に登録しているひと

ツイートする