救急レジデントマニュアル 第5版

制作 : 相川 直樹 
  • 医学書院 (2013年10月21日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (517ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260018746

作品紹介・あらすじ

救急診療の現場における実践的知識をコンパクトな体裁に詰め込んだマニュアル。①症状を中心に鑑別診断と治療を時間軸に沿って記載、②診断・治療の優先順位を提示、③頻度と緊急性を考慮した構成、④教科書的な記述は省略し簡潔を旨とする内容、が特徴。救急室で「まず何をすべきか」「その後に何をすべきか」がわかるレジデント必携のマニュアル、待望の第5版。

救急レジデントマニュアル 第5版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2階書架 : WB105/HOR : 3410160363

  • WB105
    5年毎の改訂

    『本書の特徴は、(1)症状を中心に鑑別診断と治療を時間軸に沿って記載、(2)診断・治療の優先順位を提示、(3)頻度と緊急性を考慮した構成、(4)教科書的な記述は省略し簡潔を旨とする内容。救急室で「まず何をすべきか」「その後に何をすべきか」がわかる』

    第1章 救急患者の診療にあたって
    第2章 救急診療の進め方
     1 トリアージ
     2 病歴の取り方
     3 バイタルサイン,身体所見
     4 神経学的所見
     5 診療記録の書き方
     6 入院・帰宅の判断(Disposition)
    第3章 救急蘇生法
    第4章 症候からみたER診療
     1 上気道閉塞
     〜28 鼻出血
    第5章 外傷
     1 重症外傷患者の初期診療(JATEC)
     〜13 化学損傷
    第6章 中毒,環境障害,テロリズム
     1 薬物中毒
     〜12 炭疽
    第7章 各科救急
     1 小児科救急(発熱を含む)
     〜23 輸血
    第9章 救急医療関連事項
     1 インフォームド・コンセント
     2 脳死判定基準
     3 届け出義務
     4 災害医療
     5 感染対策

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:WB105||K9||(5)
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=182395

全5件中 1 - 5件を表示

堀進悟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

救急レジデントマニュアル 第5版に関連するまとめ

救急レジデントマニュアル 第5版はこんな本です

ツイートする