DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル

制作 : 日本精神神経学会  高橋 三郎  大野 裕  染矢 俊幸  神庭 重信  尾崎 紀夫  三村 將  村井 俊哉 
  • 医学書院 (2014年6月30日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (932ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260019071

作品紹介・あらすじ

米国精神医学会(APA)の精神疾患の診断分類、改訂第5版。DSM-Ⅳが発表された1994年以来、19年ぶりの改訂となった今回は、自閉スペクトラム症の新設や双極性障害の独立など従来の診断カテゴリーから大幅な変更が施されることとなった。また日本語版については、日本語版監修として新たに日本精神神経学会が加わった。

DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【493.72/D92】税込 21,600円(本体価格 20,000円)
    http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB15858282

    http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB15858282


    490選書案

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:WM15||O8||(5)
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=68674

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    http://saosrv.kitasato-u.ac.jp/webopac/newexe.do?pkey=BB10115940

  • 本国版に1年遅れて翻訳登場。都心の大型書店で手にとって眺めてみたが、版元のHPでは品切れ表示。皆さん大変ですね。大方の現場の人間はわたしのようにポケット版を待っているはずで、そっちは買わなきゃならないのは仕方ないかな。
    これで、おそらくこの先10年かそこいらは、世の中の「おかしな人たち」はこのマニュアルにしたがって「正しく」分類されてゆくのでしょう。文書化されて処方箋が作られて大量の薬剤が消費されてゆくのでしょう。
    科学は思考を停止させ物語は幕を下ろす。そういうことのお手伝いにどんな意味があるのか?現場にそんな苦悩があるとしたらそれだけが希望じゃないかといえないこともないでしょう。

  • -

    2階書架 : WM015/AME : 3410158047

全8件中 1 - 8件を表示

DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルはこんな本です

ツイートする