見逃し症例から学ぶ日常診療のピットフォール (Meet the Master Clinician)

著者 :
  • 医学書院
3.87
  • (4)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260102919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生坂先生の本。題名の通り見逃し症例から学ぼうという感じで、最初に症例発表と初診時診断が書いてあり、その次に“答え”みたいな感じでその後の経過、最終診断が書いてあります。その後の解説も勉強になります。「見逃し」とはいっても、「まれな疾患」ばかりではなく、「よくある疾患の珍しい、知られていない症状」みたいな感じなので読む価値はあり。実際の臨床では後者のほうがはるかに多いとはよく言いますが、そうなのかもなぁ。

  • 生坂先生もまさに”master of clinician”。恐ろしい臨床家です。相当応用の効く本なので是非通読を。症候によっては精読を。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

千葉大学医学部付属病院総合診療科教授

「2020年 『外来診療のUncommon Disease vol.3【電子版付】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生坂政臣の作品

ツイートする
×