感染症レジデントマニュアル

著者 :
  • 医学書院
4.12
  • (10)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260106603

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感染症だけでなく、memoとして身体診察などについても的確なコメントがされており、研修医なら持っていたい1冊。
    個人的には巻頭のGram染色アトラスにはこれからしばらくお世話になることと思う。

  • 青木先生の本と違ってとっつきやすい。

    ただ、当院ではこの本に書いている以上にクラビットの耐性が強い印象。

  • この本は、参照本でなく、通読・精読するタイプのものです。このように素晴らしい臨床家が(分筆でなく)1人で書きあげた本は、依存しすぎなければ内容が一貫しているので内容も大概素晴らしいです。三森本しかり、青木眞本しかり。ICUブックもDr. Marinoの単独執筆です。

  •  一度岩田健太郎先生の「抗菌薬の使い方・考え方」を読む前によんだけど、理解はむずかしかったです。

     「抗菌薬の~」を読んだ後にもう一度みたところ、私にとって必要な情報(この感染症のときにこの薬とか腎障害時の投与量とかグラム染色の写真とか)が非常にまとまっていて以後手放せなくていつも白衣のポケットに入っています。

  • 感染症は難しい。

全6件中 1 - 6件を表示

藤本卓司の作品

感染症レジデントマニュアルを本棚に登録しているひと

ツイートする
×