看護のための精神医学 第2版

  • 医学書院
4.21
  • (19)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 201
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260333252

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 看護するために知っておきたい、精神病の分類と経過。網羅的なので、直接関わる人には有効なのだろうと思います。

    ・アメリカの精神医学の訓練では、「仕事を終えても、まだある患者のことが気になってしかたないなら、その患者に巻き込まれているのだから主治医を交代するべきである」と教えを受け、筆者は深い感銘を受けた。
    「24時間中患者のことを思っているのが看護師の理想だ」という訓話は一見良いようだが、けっしてそうではない。

    ・自分で悩むかわりに他人を悩ますのは「裏返しの神経症」とも言える。それをもう一度裏替えして「神経症」にして治すということができそうである。

    ・人格は発達の過程では、環境との相互作用のなかで、多くの経路が同じ一つの結果にたどりつくこともあり、逆に同じ一つの出発点がたいへん異なった結果に達することもある。

    ・「理解」はついに「信」に及ばない。あなたの配偶者や子どもを「信」抜きで理解しようとすると、必ず関係を損ない、相手を破壊する(人間は人間を理解しつくせるものではない)。
    婚約者にロールシャッハ・テストを施行しようとする精神科医はフラれて当然なのである。人格障害といわれる人は「信なき理解」にさらされてきた人であるかもしれない。

    ・精神療法者のプライドのもとは他で(施療以外で)求めなさい(フリーダ・フロム・ライヒマン)。

  • <シラバス掲載参考図書一覧は、図書館HPから確認できます>
    https://www.iwate-pu.ac.jp/information/mediacenter/Curriculum.html

    <配架場所、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/298400

  • WY160

  • 教科書らしいですが、視点が斬新だったり、とても楽しく読めました。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:492.927||N
    資料ID:51600745

    「統合失調症」への呼称変更をはじめ精神医療をとりまく時代の変化に対応した2001年刊の第2版となっています。
    (精神看護領域推薦)

  • 名著です。精神医学書から一冊を選べと言われたら躊躇なくこの本を選びます。
    なぜならここに書かれている内容は当事者が読んでも有益な知識だからです。これ以上の本があるでしょうか。

  • N700
    学生のリクエストで購入

  • これは名著。看護のための、とあるが全然心理の人が読んでもイケる。具体的で、細かく、かつ平易で深い。一冊手元に置いておきたいなーと思う一冊。

  • 11/02/12。医師が治せない病気は多いが、看護できない患者はいない。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医。文化功労者(2013年度)。

「2019年 『中井久夫集 11 『患者と医師と薬とのヒポクラテス的出会い――2009-2012』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中井久夫の作品

看護のための精神医学 第2版を本棚に登録しているひと

ツイートする
×