ALS 不動の身体と息する機械

著者 :
  • 医学書院
3.88
  • (5)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (451ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260333771

作品紹介・あらすじ

ALS当事者の語りを渉猟し、「既に書かれていること」をまとめた本。人工呼吸器と人がいれば生きることができる、と言う本。だから感動の少ない本。しかし「生命倫理」という名の議論は、せめてここから始めるべきだとわかる本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB00105002

  • 緩和ケアの先生から教えてもらった。「診断されたとき」「呼吸器つけたとき」等の患者さんの気持ちが羅列されている本。

  • ここからしか始まらない、始められない。

    「生きろ」と言うことが無責任だというのはその通りだ。(…)周囲の発言はどこかでは無責任でしかありえず、ならば、そんなことを言ってよいのだろうかと思いながら、言えばよいのではないか。責任はとれなくても言った方がよいのではないだろうか。そして言うとき、命令の言葉と、契約の言葉と、説明の言葉しかないのだろうか。そんなことはないはずだ。その人に対して呼びかけることはできる。(148)

    これまである規則や価値に乗ってやってきたのだが、考えてみるとそちらの方が間違っていたとなれば、それに乗りつづける必要はない。(…)その動機はなんであれ、乗り換えればよい。(409)

    どうせ暮らすのであれば質がよい方がよい。(…)そしてこの自明のことが気にされてこなかったとしたら、それには驚いてよい。ただ間違いは、質のわるい生よりも死の方がよいと言ったことである。よくない生・生活よりよいのは、よい生・生活である。(410)

    ごく素朴に、これが「人の話を聞く」ということだ、と思う。

  • 極めて当たり前なことを言った、だからこそ読むもののバイアスを見事に浮き彫りにする、素晴らしい本。

  • N049

  • [ 内容 ]
    ALS当事者の語りを渉猟し、「既に書かれていること」をまとめた本。
    人工呼吸器と人がいれば生きることができる、と言う本。
    だから感動の少ない本。
    しかし「生命倫理」という名の議論は、せめてここから始めるべきだとわかる本。

    [ 目次 ]
    間違い
    まだなおらないこと
    わかること
    わかることについて
    呼吸器のこと
    既にあったものの出現
    川口武久のこと
    その先を生きること
    死の位置の変容
    さらにその先を生きること

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • まだ読んでません。ハードカバーの本を想像して本屋さんで探し続けてましたがソフトカバーです。コロコロコミックみたいな感じです。中身はもちろん字ばかりです。著者自身の紹介文によると、引用が全体の半分以上をしめているんだそうです。恐らく不可欠な引用なのだろうと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

立命館大学教授

「2021年 『介助する仕事 街で暮らす/を支える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立岩真也の作品

ALS 不動の身体と息する機械を本棚に登録しているひと

ツイートする
×