胎児心拍数モニタリングの実際―一歩進んだ分娩前・分娩中胎児管理法

  • 医学書院 (1998年9月1日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260343336

作品紹介・あらすじ

胎児心拍数モニタリングは、観察者内および観察者間に解読の差があること、安心なパターンが出た時の信頼度に比較し、心配なパターンが出た時の信頼度が高くないことなどから、胎児心拍数モニタリングに基づく判断は、無用な介入分娩や悲惨な新生児予後に結び付くことがあるのが大きな問題点である。本書ではこれらの問題を克服すべく、極力多くの人々に認められている研究結果をご紹介するように心がけ執筆にあたった。

矢沢珪二郎の作品

胎児心拍数モニタリングの実際―一歩進んだ分娩前・分娩中胎児管理法を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×