「キリスト教は初めて」という人のための本―ヨハネの福音書3章16節から (1st step series)

著者 : 内田和彦
  • いのちのことば社 (1998年10月発売)
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784264017448

「キリスト教は初めて」という人のための本―ヨハネの福音書3章16節から (1st step series)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヨハネの福音書3章16節「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者たちが、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」から、とてもわかりやすく、簡潔にキリスト教の信仰について解説している。
    神が私達を愛してるからひとり子を与えたってどういう意味?永遠のいのちって何?など、キリスト教のここがわからん!と思われやすいところもばっちり解説。キリスト教とか聖書に親しみのない人でもわかりやすいたとえを使ってるなぁと思いました。
    押し付けがましくない文体も素敵。まさに初めての人に読んでもらいたい本です。

    • blue-treeさん
      ゆみさん、
      この本はわかりやすくていいですよね。
      初めてじゃなくても、おもしろいです◎
      2010/03/01
  • ノンクリスチャンの学生にキリスト教についてどのように説明しようか、考えていた時に出会いました。「キリスト教という素晴らしい教えを、あなたたちに教えてあげよう」という上から目線ではなく、読んでいる人たちがイメージしやすい具体例などを交えながら書かれています。私はとくに「神様とは」という部分に共感しました。

全2件中 1 - 2件を表示

「キリスト教は初めて」という人のための本―ヨハネの福音書3章16節から (1st step series)のその他の作品

内田和彦の作品

「キリスト教は初めて」という人のための本―ヨハネの福音書3章16節から (1st step series)はこんな本です

「キリスト教は初めて」という人のための本―ヨハネの福音書3章16節から (1st step series)を本棚に登録しているひと

ツイートする