1年で聖書を読破する。 永遠のベストセラー完読法 (Forest Books)

著者 :
  • いのちのことば社
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784264034582

作品紹介・あらすじ

わかって読むから読み通せる。だから納得!難解だと思っていた聖書が手に取るようにわかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「良きサマリア人」の「サマリア」が何かを知った。

  •  鈴木崇巨さんの「1年で聖書を読破する。」を買いました。

     聖書をまともに読もうとすると、1000ページ以上も頑張らないといけない。さすがに持久力のない僕は挫折してしまいます。そこで出会ったたのがこの本。これはわかりやすい!

    つづきはブログで
    http://blog.livedoor.jp/masaathlon/archives/33279280.html

  • 聖書を読み通す上で最も大きな問題は、「分からない」ということ。著者は何度も、「分からなくてもあなたの理解力が足りないわけではない」「気にせず読み飛ばしてください」と読者を励まします。そもそも何の宗教的素養もない日本人の素人読者が、初めからすべて網羅的に理解して読むことなど不可能なのだと気付きました。
    それでも通読することに意味はあって、我慢して読むうちに特異な表現や世界観や道徳観になんとなく慣れてくる。それによって徐々に理解が深まる。気に入ったところは再読し、分からないところは少しずつ勉強すればいい。だからまず一度は読み飛ばしながらでいいから読んで、全体的なイメージをつかんでほしいと著者は願っているのでしょう。
    大抵の聖書入門がモーセ五書など主要箇所だけに終始するのに対し、全編に言及してくれるのは貴重です。それだけでも意義ある本だと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1942年生まれ。東京神学大学大学院(修士)、米国南部メソジスト大学(修士)、西部アメリカン・バプテスト大学(博士)。日本基督教団、米国合同メソジスト教団牧師、聖隷クリストファー大学教授を長く務める。著書にベストセラーとなった『牧師の仕事』(教文館)をはじめ、『キリストの教え』『韓国はなぜキリスト教国になったか』(春秋社)など。

「2020年 『君は韓国のことを知っていますか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木崇巨の作品

1年で聖書を読破する。 永遠のベストセラー完読法 (Forest Books)を本棚に登録しているひと

ツイートする