なめとこ山のくま (フォア文庫)

著者 : 宮沢賢治
制作 : 斎藤 博之 
  • 岩崎書店 (1987年10月1日発売)
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265010585

作品紹介・あらすじ

撃つものと撃たれるものの因果な関係にありながら、心の深いところでかなしく結ばれる小十郎とくまを描く名作「なめとこ山のくま」のほか、賢治の愛した岩手の風土が色に濃くあらわれる作品8編を収める。巻末に堀尾青史氏による詳細な解説を付記。

なめとこ山のくま (フォア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「坂本和子 朗読選集2 宮澤賢治」
    Disc1 なめとこ山の熊

    見所は、不誠実な町の商人と、誠実な熊との対比かな。

  • 賢治の世界観は他の作家には変えがたい
    なめとこ山の熊は、自然と猟師と人の立場を越えた交流の話だと思う。

  •  「なめとこ山のくま」を読み返すと、いつも動物愛護運動が脳裏をよぎる。

     何ならば食っていいとか、悪いとか。

     自分は1985年、昭和の終りに生まれた。近代化に取り残された田舎だったため、普通に庭先で鶏を潰していた。うちの地方では解体作業を「潰す」と言っていた。きっと、罪悪感は今なお消えていないので、あえて殺すことを無機的に「潰す」というようになったのだと思う。はじめて目の前で「潰す」作業を見た時はショックだった。段々と慣れていったが、初めて見た衝撃はきっと忘れない。ただこれだけはいつも思う。スーパーで「パック詰めされた」「衛生的な」鶏肉が整然と並んでいて「グラム当たり何円」という表示がされているほうがずっとずっと残酷だと。

     撃つほうも、撃たれるほうも命がけな「野蛮さ」を忘れてはもはや生物といえないのではなかろうか。自らの行動のみを「文化」とよび、他の動物の行動を「本能」とよぶ傲慢さ。

全3件中 1 - 3件を表示

なめとこ山のくま (フォア文庫)のその他の作品

宮沢賢治の作品

なめとこ山のくま (フォア文庫)はこんな本です

ツイートする